HOMEブログ井上ブログ > 『家づくりのアイディア帖vol.6』更新しました

家づくりのアイディア帖vol.6

我が家の大黒柱を伐りに行こう

伐採体験
天然住宅では「長持ちする家」を目指していますが、それは耐久性や性能面など技術的なことだけを言うのではないと思っています。住まう人の「長く住み継いでいきたい」という気持ちもまた、長もちする家の大切な要素だと思っているからです。
 
私たちのパートナー企業「栗駒木材(くりこまくんえん)」では、秋から冬にかけて家づくりに必要な木材を伐採します。希望される建主さまには、山に足を運んでいただき、現地の木こりと一緒に大黒柱や梁を伐っていただきます。
 
このような体験を通じ、家への愛着を深めていってほしいという思いもありますし、何より家づくりを楽しんでもらいたいと思っています。
 
今回の家づくりのアイディア帖では、「我が家の大黒柱を伐りに行こう」をテーマにお届けしたいと思います!
 
伐採体験
「命をいただきます」と感謝をこめて。木を伐る前に必ず行う儀式です。私たちが届けたいのは、木材一本の伐採からはじまる家づくり。その背景にあるストーリーも含め、楽しんでいただきたいと思っています。
伐採体験
▲チェンソーを持つことが初めての人がほとんどです。木こりさんから、しっかりとレクチャーを受けます。
伐採体験
▲家族も見つめます。「おとうさん、がんばって」
伐採体験
▲まずは「受け口」づくりから。木を倒す方向を決め、伐採したい方向に垂直になるように「受け口」をつくります。
伐採体験
▲受け口をつくる際に伐り取った材。記念に持ち帰られる方も多いです。
伐採体験
▲受け口ができたら、反対側に「追い口」と言われる切り込みを入れていきます。
伐採体験
▲最後は「まさかり」で倒していきます。3才のお子さんも挑戦しました。
伐採体験
▲最後は、お父さんと一緒に。この日のこと、覚えていてくれたら嬉しいです。
伐採体験
▲記念写真です!!
伐採体験
▲これまでたくさんの方に、木材の伐採を体験していただきました。
伐採体験
▲チェンソーの音や、木が大きな音を立てて倒れていく様はとても迫力があり、中には泣き出す子もいます。驚いたり怖いという感情がわきあがってくる子もいれば、目の前で命が終わりを迎えることに、どうしようもない悲しさを感じた子も過去にはいました。木を伐り倒すお父さんの姿を見て、「かっこいいね!」と言ってくれた子も。子ども達もまた、何かしらの思いを抱いてくれています。命に直に触れるようなこういう生の体験を、たくさんの方にしてほしいです。
伐採体験
▲くりこまでは、馬を使って木材を山から運び出す、馬搬(ばはん)をはじめています。
製材所見学
▲翌日は、製材所の見学もしていただいています。
大黒柱
▲山で伐った木が、街に運ばれ、家の一部になるということ。“第二の木生”(人生)がはじまるのですね。
大黒柱
▲毎日、見えるところ触れるところに大きくて太い木がある。家も人も一緒に育っていく。そんな風に思っていただけたら・・
 

家づくりは命をいただくことだから

天然住宅で家づくりにたずさわる仕事をしていると、家はつくづく「買うものではなく建てるものなんだな」と感じます。たくさんの命をいただいて、形になっているのだなぁとも。
 
我が家に使われている木は、どこで生まれ、どこで育ったのか。誰が伐って、どこで製材されたものなのか。完成した家だけを見ても、その工程はなかなか想像できないかもしれません。現地に足を運び、実際に見て、話を聞いて、そうやってさまざまな過程を経ていることを知ると、「家そのものの成り立ち」に想いを馳せることができるようになるかもしれません。ひとつの体験や実感が想像力を補ってくれるように。
 
そのような体験が、家に対し、日々手をかけたり、大切に住むことにつながっていくのかもしれません。そのような日々を重ねていくことで、愛着心もじんわりと育っていくのかも。経年変化が、ただ「古い」と感じるのでなく、「味わい」として感じられる、そのような想いにもつながっていったらいいなぁと思います。
 
それらは暮らしの中に、ひとつの豊かさをもたらしてくれるように思います。そんな家づくりを、これからもお客様に届けていきたいと思います。
同じタグが付けられたブログを見る