HOMEブログ井上ブログ > ~組手什(くでじゅう)でプチDIY:キッチン小棚編~

~組手什(くでじゅう)でプチDIY:キッチン小棚編~


組手什(くでじゅう)とは、国産材でできた長さ2mの木工キットのこと。自分で好きな長さにカットして、レゴブロックのように自由に組み合わせてオリジナルの木製棚をつくることができます!

前回ブログで組手什家具を紹介したところ、あちこちから「自分もつくってみたい!」という声をいただきました。思いもかけず良い反応をいただきとても嬉しかったです

今日ご紹介するのは、藤沢市辻堂にお住まいのSさまが作ったもうひとつの家具「キッチン小棚」です!

先日アップしたSさま邸の<施工例写真>にも掲載したのでご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。

キッチンスペース

▲Sさま邸のキッチンにはガスコンロの奥に奥行き30㎝ほどのスペースがあります。
普通ならデットスペースになるところを有効利用し、物を置く棚として活用していただこうとコンロの高さよりも15㎝ほど上げました。

あるととても便利そうな空間だけれど、Sさんはいったいどんな風に使うのかなー?と興味津々でした。

キッチン収納
▲Sさんの利用方法はこちら!

本棚を作った際に余った3本の組手什を使い小さな棚を作りました。
大きさは幅36㎝、奥行き20㎝、高さ36㎝。小ぶりなので、作業時間も20分ほどだったそうです。
無垢の木なのであたたかみがあってかわいらしい雰囲気調理中に使うもの、あると便利なもの、ちょこっとグリーンも添えて雰囲気もgoodです。


キッチン収納
国産材を活用しながら気軽にDIYができるのはやっぱり魅力的ですよね!Sさんからはこんなメッセージもいただきました。

「組手什の良いところは設計さえちゃんとできればほぼ何でも作れるところです。
切っている間も木の香りがして心地よく、釘や接着剤など使わずに作れるので子どもにも安心です。
初心者としての教訓は、大きいものを作ろうとせず、まずは小さいものから作ってみるのがおすすめです!」


とのことです^^


組手什は、天然住宅のパートナー団体、「NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク」から購入可能です。

この度の熊本地震で、在庫の組手什をすべて現地に送られたそうで、現在生産中とのこと。(組手什は災害支援にも役だっています!)
6月中旬頃から発送可能だそうですよ。

興味のある方は是非ホームページをチェックしてみてくださいね!
同じタグが付けられたブログを見る