HOME > ブログ

ブログ

吉田俊道さんと土づくりワークショップ

テーマ:田中ブログ

4/20に吉田俊道さんをお呼びして土づくりワークショップを行いました!
平日にもかかわらず、約30名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

吉田俊道さんは、野菜作りに一番大切なのは、土づくりだといいます。
さらに、身の回りにある雑草や米ぬかなどで、元気野菜を作れる土づくりができるといいます。

菌ちゃん(微生物)が活躍する土でとれる野菜は、
なんと農薬を使わなくても、虫がつかないようになるんだそう。

そのことを、昨年11月の講演のときにお聞きし、
やってみたい!と思っていましたところ、
タイミングが合い、建築中の建主様のお宅のお庭で、実践させていただくことになりました!
うまくいけば、お引渡しと同時に野菜作りをスタートすることができます。

吉田さんは生ごみでの土づくりなど、いろいろな方法で土づくりをしていますが、
今回の方法は、手間が少しかかる本格的な土づくりです。
吉田俊道さん講演
まずは座学。吉田俊道さんからお話を聞きます。

その後現地へ移動し、作業です。
お庭の土
土の質はこんな感じです。
雨が降ると水たまりができやすく、石や塊が多い。
あまりよい土とはいえない状態です。
土の質
排水路をつくりました
①排水のための溝を掘っているところです。
土の質によるところもあると思うのですが、
水はけは重要ということで、一番初めに幅30㎝くらいの排水路を確保しました。
耕耘機で土を軽く耕します
②土はあらかじめ、ユンボで掘削しておきました。この日は耕耘機で軽く耕しました。
土を耕す
上澄み部分の柔らかい土を畑の外側に一旦よけます。
雑草と米ぬかを投入
③草を敷きます。土の状態が良くないため、数回に分けて敷きこみました。窒素分補給のため、米ぬかも混ぜこんでいきます。

草の量は、5キロ/㎡、米ぬかは1キロ/㎡準備しました。

用意した雑草は乾燥したものでしたが、もっと乾いてない状態のものでもよいとのことでした。今回は、土が湿っていたのでちょうどよいとのことです。
米ぬかが均等に行き渡るようにします。その後土をかぶせていきます。
④米ぬかが均等に行き渡るようにします。その後土をかぶせていきます。

土をかぶせ終わったところです。
⑤土をかぶせ終わったところです。
廃菌床
⑥建主様が、シイタケ農家からもらってきてくれた廃菌床(ブロックのもの)です。
廃菌床を細かく砕いて混ぜ込みます
⑦廃菌床は手で細かく砕いて混ぜていきます。この際、土の中になるべく空気を入れたいので、土の上にはできるだけのらないようにしながら混ぜていきました。

土をかぶせる
⑧土をかぶせた後、再び草を敷きこみます。ちなみに草は1㎡あたり5㎏必要でした。3坪を想定していたので約15㎡。75キロの雑草は、結構な量でしたので、ご家庭であればもう少し小さい畑でもよいかもしれないです。

今回は全部で3回にわけて、草敷き→土敷きを繰り返しました。水がうまく切れれば草の下の深い部分まで柔らかくなるそうです。
土敷き
⑨最後の土をかけているところ。土をかぶせ終わった後、真ん中を少し高くします(水が切れやすいように)。そして畑のまわりを10㎝ほど掘り、排水路につなげました。水はけのためです。
ブルーシートで覆いました。
⑩最後は雨よけのため、ビニールシートをかぶせました。
とりあえずこれで当日の作業完了です。
みんなで作業をして、ここまで約1時間でした。

この後、月に一回程度、シートを剥いで、土の湿り気を確認する必要があります。

今回土づくりをしたお庭は粘土質で、正直、土の状態は良いとはいえませんでした。
それがこの半年でどんな風に変わっていくのか、、
 
2ヶ月半後の7月6日(木)に、第2回ワークショップを開催します。
その時に土の変化を皆さんで確かめたいと思います。
もちろん今回参加できなかった方の参加も歓迎です。

お散歩が気持ちのいい季節です

テーマ:井上ブログ

玉川さんぽ
▲二子玉川駅周辺の高いビルやマンションが遠くに見えます。この日は“あそこからここまで”歩きました。
こんにちは、スタッフの井上あいみです。
 
すっかり春ですねぇ
春と言えば・・個人的にはおさんぽが気持ちのよい季節です!

ところで・・私はさんぽがだいすきです。
学生時代から、ひとりで行動することが多く、さんぽもひとりで歩くことのほうが多かったですが、最近になって“誰かと一緒に歩く”というのも、いいものだなぁと感じるようになりました。
先日、思いもかけずいい時間を過ごすことができましたのでそのお話をさせてください。
 
一昨年から去年にかけて、半年ほど天然住宅の仕事を手伝ってくださっていた4歳年上のKさん(女性)と、先日一年ぶりに再会しました。彼女は今、別の工務店で設計士として働いています。

待ち合わせは二子玉川駅。
「一緒にお昼を食べましょう」の約束だったのですが、私自身、目の前に広がる玉川の河川敷を歩きたいという衝動にかられ・・Kさんをさんぽに誘ってみました。Kさんも“おさんぽ好き”だったようで、一緒に歩くことができました。
 
誰かと一緒だと、歩くペースや会話のペース、トーンなど、少なからず気になりますよね。
Kさんとはそのあたり通じるものがありまして・・とても居心地が良かったです。
 
話が尽きない瞬間もあれば、特に話すことなくただただゆっくり歩いている時間があったり。
ふたりで会ったのは初めてだったのに、初めてだとは思えないリラックスしている自分に驚きつつ、また一緒に歩きたいなぁと思ったのでした。
 
玉川さんぽ
▲桜の木が三本、並んでいました。
Kさんと別れてから、すぐにメールを送りました。
今日のお礼とともに、「よろしければ、おさんぽ仲間になりませんか?」という一言を添えて。
嬉しい返事がきまして、帰りの電車の中でにんまりしたのでした。

Kさんに教えてもらったのですが、谷根千(やねせん)と呼ばれる、山の手の一角でありながら、今も東京の下町としての風情を残す、歴史や情緒に溢れた地域があるそうです。(ちなみに、谷根千とは、谷中、根津、千駄木を指します)

電車で通ったことはあるけど、街を歩いたことはなかったなぁ、何だか楽しそう・・という気持ちが沸いてきまして、「今度は谷根千さんぽをしましょう」と約束しました。
 
そしてあることに気づきました。
私には5才の娘がいるのですが、最近は子どもをきっかけにした出会いやお付き合いが多かったんです。それはそれでもちろん楽しいですが、大人になってから純粋に友だちができるって何だかすごくすごく嬉しいなぁと。
 
谷根千さんぽも楽しみですが、まだまだ玉川が気になるところなので・・今度は珈琲か缶ビール(!)を片手にぶらぶらと歩いてみたいと思います
玉川さんぽ
▲菜の花ってやっぱりきれいだなぁなんてことを思いつつ。。

餅まきをしました

テーマ:田中ブログ

こんにちは、スタッフの田中竜二です。

先週の土曜日、大磯町で建築中のY様邸にて、
上棟式を執り行い、その際、餅まきをしました。
その様子です!
餅まきチラシ
餅まきのチラシ
チラシは奥様とお子様の手作り
絵はY様のお子様が描いてくれたもの。
かわいい。



上棟式当日は、朝からあいにくの雨模様。
上棟式が始まるころ、少しずつ雨足が弱まってきました。

上棟式
上棟式 祝詞奏上
祝詞奏上
上棟式 玉串奉奠
玉串奉奠し、工事の無事を祈念します。
四方祓い
塩、米、酒で、家の四隅をお清めします。
上棟式 込栓打ち込み
柱と土台を固定する込栓を打ち込みます。
続いて、餅まき

朝から降り続いていた雨が、上棟式が終わるころ、
奇跡的にやみ、ご近所の方々もたくさん集まっていただけました!

足場から降りようとしていたら、ご主人が「田中さんもぜひ」と言って下さり、急きょ投げさせていただく側に!
上棟式 餅まき
ありがとうございます。。。
すごく楽しかったです。
餅まき
たくさんのお餅と、お菓子、五円玉をまきました!
餅まき
皆さん、お餅を袋いっぱいに持ち帰ってもらいました
都心部では、最近ではあまり餅まきをすることも少なくなっていますが、
今回、餅まきに参加させていただき、
なぜこのような習慣が昔から行われてきたのか、少しですが、感じられた気がします。

「厄を持って帰ってもらう」という意味や、「富を分配して共同体を円滑に進めるため」など
色々な意味があるようですが、
共同体という意識自体が希薄になった昨今(特に都心部)においては、
「共同体」を意識できるという意味で、
その役割は変遷し、新たな意味を持っているように感じます。(民俗学者風)

ご近所の皆様に、このような形でご挨拶ができるのは
とても良いことだな~と思いました。
餅まきに来ていただいた近所の方も、施主様も、
自然と「上棟、おめでとう~」「来てくれて、ありがとう~」という気持ちになって、
お祝いし、お祝いされて感謝して、みんなが幸せになる素敵な習慣だと思いました。

これから、ご家族がこの地域に根差し、幸せに暮らしていけるといいなと思います。
また工事はこれからですので、決意を新たに今週からまた気を引き締めて取り組みたいと思います。

最後に、奥様からお渡しいただいた封筒に素敵なものが・・・
上棟式
帰ってから封筒を開けると中には、かわいい絵と五円玉。

一日を思い出して、心が温かくなりました。

天然住宅、食いしん坊が勢ぞろいです!

テーマ:井上ブログ

源氏蛍せんべい
▲スタッフ小野寺の実家から届いた、手作りのお餅と源氏蛍せんべい。みんな届くのをいつも楽しみにしています!

先日、お客様からブログ見てますよと声を掛けていただきました
ブログって一方通行の発信なので、反応をいただけるととても嬉しいです!
どなたか見てくださってる方はいるのかなぁと思いながら
更新していたこともあったので、にんまりしてしまう出来事でした
 
今日もちょっとくだらないお話をさせてください
 
天然住宅スタッフはみんな食いしん坊です
お土産をいただいても、あっという間になくなってしまいますし、お中元、お歳暮の時期は大変です。
一日事務所にいなかったら、あとかたもなく、なくなっていることも・・(なので、事務所を空けることを少しためらってしまうほどなんです…)若手スタッフだけでなく、代表も含めてみんな食いしん坊。それが天然住宅です

先月開催したお住まい見学会では、建て主さまが酵素玄米のおにぎりをお昼に準備してくださいました。
前回もいただいたのですが、もっちりしていて本っ当に美味しかったです
今回もみんなでありがたくいただきました。
「遠慮せず食べてくださいね」の言葉に甘えまして、おにぎりはひとり3個ずつ、
そしてお味噌汁もみんな仲良くお替わりしました。

酵素玄米おにぎり
▲酵素玄米のおにぎり。美味しい上に身体にもやさしい♪
おかわり
▲味噌汁のお替わりはセルフサービスで。

見学会終了後は、なんとおしるこもいただきました。
甘さがかなり控えめで、こちらもとても美味しかったです
建て主のUさま曰く、「小豆は浄化作用がすごい」らしいです。
社内でもあんこ好きで有名な設計・営業統括の早田は「しあわせです・・」と目を細めておりました
そして、こちらもみんなそろってお替わりの列に並んだのでした。

おしるこ
▲身体に染み入る美味しさ。。
おしるこ
▲あっという間になくなりました。
おかわり
▲おしるこもセルフでお替わり。余ったおにぎりは包んでお土産に。ありがとうございました!
仕事柄、わりと体にいいものをいただくことも多いですが、それとは逆にジャンキーな食べ物も好きだったりします。
自分が美味しなぁと思えるものを、美味しい美味しいと食べられるって本当にしあわせなことですよね~
実は・・今日はこれから栗駒の方たちと飲み会なんです美味しい食事とお酒を楽しんできたいと思います! 

熊本県に天然住宅が建ちました

テーマ:井上ブログ

天然住宅@熊本
  
先月、熊本県で建築したTさま邸のお引渡しをさせていただきました!
初めて事務所でお話を伺ったのが2014年の夏。
約2年半の歳月を経て、とうとう家が完成しました!
 
Tさまが天然住宅を知ったのは、天然住宅ともつながりの深い中根桂子(なかねけいこ)さんの紹介です。
当時、中根さんは愛知県豊田市で木のおもちゃ屋を営んでいました。(今は農家民宿「ちんちゃん亭」をやっています)
商品の発送時に天然住宅のパンフレットを同封したり、お店に来た方に天然住宅のことを紹介するなど、いつも私たちの活動を応援してくださっていました。その中根さんを通じて天然住宅のことを知ったTさま。相談する前から「家を建てるなら天然住宅」と決めていたそうです。
 
当時、豊田市に住んでいたTさまとは、電話とメールでやりとりを続けました。
2回目にお会いしたのは、初めて会ってから1年7ヶ月も経ってからのこと。工事契約直前の打合せでした。
それもすごいなと思うのですが、実はTさま、天然住宅の建物を一度も見学せずに家を建てたのです!
ごく稀にそういうお客様もいらっしゃいますが、それって本当にすごいことですよね。
完成した家を見て「イメージ通り」とおっしゃっていただいた時は、心底安心しました。内心ドキドキしていたのも事実でしたので。。
上棟式で餅まき
▲上棟式ではご親戚や近所の方も集まり、餅まきをしました。
Tさま邸は、規格プラン「響の家(ひびきのいえ)」33坪をベースに、1階は自営業を営むご主人の事務所スペース(7.5坪)を増築した形で計画しました。
木材は、九州材と栗駒の材と両方を使用しました。
 
天然住宅のコンセプトや使用する素材に信頼を寄せ、全面的にゆだね任せてくださったTさま。
心配や不安もあったかと思いますが、「想像以上の家が建ち、本当によかった」と喜びの声をいただけて私たちもとても嬉しかったです。
天然住宅内装
▲家具は、新潟の「大樹の会」さんから。
大工さんの造作神棚
▲事務所には神棚を。大工さんの造作です。
事務所
▲事務所スペースです。ご主人曰く、「事務所にしないで自分の部屋にしたいな」とのこと。笑
事務所
▲事務所スペース、壁の裏側は書庫になります。
さいかい産業ペレットストーブ
▲リビングにはペレットストーブを。
ホール
▲2階からは山が見えます。
窓からの眺め
▲窓の外の景色にほのぼのします。
初めての場所での建築はいつも緊張しますが、多くの方々の協力があり、無事、九州地方初の天然住宅を建てることができたことを嬉しく思います。
今回、工事は熊本市内に事務所をかまえる、地元のゼネコン会社「岩永組」さんにお願いしました。
 
岩永組さんを紹介してくださったのは、昔から代表・相根とも親交のある坂井信彦さんです。
ナチュラルハーモニーの姉妹店「ピュアリー」の2階に事務所をかまえる建築家で、坂井さんとのつながりがなければ、今回家は建っていなかったかもしれません。
 
ちょうど地鎮祭直後に熊本地震があり、工事中断を余儀なくされました。
職人さんの手が足りなくなったり、資材の納入に時間がかかるなど、想定していなかったことが次々と起こりましたが、その分、無事竣工を迎えた時の喜びはひとしおでした。
 
今回、素晴らしいご縁があり、多くの方の想いがあつまって、熊本県初、そして九州地方初の天然住宅を建てることができました。このご縁がまた次のご縁を生んで、天然住宅の輪がさらに広がっていったらいいなぁと思います。
 
Tさま、そしてTさま邸の工事に関わってくださった皆さま、どうもありがとうございました!
お引渡し
▲新居で使っていただけたらと、お掃除グッズを贈らせていただきました。
お引渡し
▲Tさまご夫婦、岩永組の皆さんも一緒に。
《余談》
お引渡し後、Tさまが食事に連れていってくださいました
地元の方にも人気の和食屋さんで、お寿司がとても美味しいとのこと!
 
なんと懐石料理をいただきました。どれもこれも本当に美味しくて・・
口に入れる度に、しあわせなため息が漏れるほどでした。
 
その後、近くの道の駅へ。
九州産の野菜!とテンションがあがり、仕事を忘れ、本気モードで買い物をしてしまいました
買った野菜は宅配便で自宅に。美味しくいただきました。 
今回、Tさまお勧めの温泉には行けなかったので、今度は是非プライベートで行ってみたいです
新和食吉田
▲いろいろな素材、お味が楽しめました。
新和食吉田
▲宇城市松橋町にある和食屋さんです。
九州産の地元野菜
▲地元の野菜がいっぱい。しかも安いんですよね。本気買いしちゃいました^^;