HOMEブログ > 相根ブログ

相根ブログ

『アナスタシア』監修者・岩砂晶子さんのお話会に参加しました

テーマ:相根ブログ

アナスタシア
▲お話会の様子
7月2日(土)、横浜市戸塚区で天然住宅に住まいながら自然菜園で野菜を作り、オフグリッドで電力メーターのない暮らしをされているサトウチカさん宅で、アナスタシアのメソッドを日本に紹介されているアナスタシア・ジャパンの岩砂晶子さん(以下、岩砂さん)をお迎えしたお話会が開催されました。
 
岩砂さんからは、今年のロシアのアナスタシアが伝える祖国(エコヴィレッジのような存在)を実践しているところを巡るツアーの報告があり、現地を訪問した際の感想がチカさんからありました。
一軒で木々に囲まれ(生きた境界)、豚やヤギなどと 共生して、自給自足しながら幸せそうに暮らされている祖国、数軒から数十軒の事例では、支え合うコミュニティに育まれながら安心して持続する暮らしに充実した生活が実現できている様子が伺えました。特に民族の伝統を敬い、その地域で継承されたり生産されているものを重んじた暮らしぶりに共感しました。
また、オーガニック農法の方がいればそうではない方もいらっしゃったようで、根っこにあるコンセプトを踏襲しながら緩やかなコミュニティになっていたようです。
このような祖国は、ロシアに300ヵ所以上もあり、自治体がこの活動を推進しているところもあるそうで社会的影響力を持ちはじめていることが素晴らしいです。
 
天然住宅でも現在、何ヵ所か自治体を巻き込んだ農業・林業の 再生で雇用を創出し、そこにエコヴィレッジを創る取り組みがもう少しで実を結びそうなので心強い限りです。
 
お話会が終わった後で岩砂さんに、日本の祖国は縄文やカタカムナ(縄文前期に高度な文明があったという 文献がある)、古神道などにそのヒントがありそうだということを伝えたところ、同じように思ってくださっているようでした。
 
後日、岩砂さんのブログを読むと、こんなことが書かれてありました。
(一部抜粋します)
 
2016年06月03日
ロシアの旅から戻り、はや1ヵ月以上が経ちました。
 
ロシアはロシアの歴史、文化、気候風土、食文化、制度、国民性があります。
確かに、ロシアを含めた日本国外の祖国は参考になります。
だから、私が提供させていただいた情報が少しでも参考になれば、と思っています。
でも、私たち日本にも、日本の文化、気候風土があり、私たちは日本に合わせた
日本独自のオリジナルな祖国を創造していくことになるから、
国外の祖国はあくまでも参考程度にしかならないと、私は思っているのです。
 
ベルゴロド州の祖国のおじいさんがおっしゃっていました。
『もっと若いときに、こういうことを知って、
もっと早くから祖国づくりをはじめていればよかったな~』
 
みなさんの愛の空間である、日本オリジナルの祖国がはやく日本にもたくさんできるといいな。

 
と書いてあり我が意を得たり、とこれからのコラボが楽しみになりました。
 

アナスタシアについてもっと知りたいという方、チカさんが女性自身web版で連載している記事をご覧ください!
~サトウさん家のオフグリッドで暮らす知恵より~
第64灯 わたしの人生観を変えた本『アナスタシア』
第68灯 アナスタシアの旅に参加して、ロシアの佳き地球の未来を見てきた!(前編)
第69灯 アナスタシアの旅に参加して、ロシアの佳き地球の未来を見てきた!(後編)

アナスタシア
▲参加者の皆さんと

北海道釧路空港から鶴居村に来ています

テーマ:相根ブログ

たわむれる銀ギツネ
相根です。昨日北海道釧路空港から鶴居村に来ています。

世界で最も大きな写真家の団体・ネイチャーズ“ベストフォトグラフィでグランプリを取った、
北海道鶴居村でガイドをしている写真家の安藤誠さんにエコヴィレッジ候補地を案内してもらっている際に、
北海道に数頭しかいない銀ぎつねと遭遇しました。
しかも、数頭しかいなくて野生動物を追っているカメラマンにとっては、
2頭じゃれあっているところに出くわすのは奇跡に近いということなのだそうです。

 その北海道鶴居村からの報告です。
今回は地元でガイドをしている世界一の写真コンテストでグランプリを取った写真家の安藤さんとヴィレッジ建設の候補地を案内してもらい検討しています。

釧路から鶴居村エリアでのエコヴィレッジ候補地の調査検討、釧路市・鶴居村役場への挨拶、
そこにエコヴィレッジへの協力やインバウンド事業についての打ち合わせ等が目的で来ました。

ところが釧路空港に着くや否や写真家の安藤さんから電話があり、
これから釧路市長が議会を抜けて時間をくれるというので、
紹介するからそのまま市役所に来てくださいとのことで、釧路市役所に直行しました。
ちょうど市議会中にも関わらず、市長、産業振興部部長、環境関連の部署ら大勢の方達が迎えてくれました。
そして我々の計画を話したところ、釧路・帯広・網走の市長が集まって道東エリア全体のインバウンド受け入れ態勢を作ろうとしていたところで、
持続可能なエコヴィレッジやワールド・フォトヴィレッジ(国内だけでなく世界中のフォトグラファーを集める)、ムスリムインバウンド事業共に大変興味を持ってもらいました。
また、ハラール対応の食肉加工施設も具体化を進めようとしているとのことで、理想的な形になりそうです。

そのあと鶴居村で山田副村長にお会いしたところ、
ヴィレッジ建設、インバウンド事業共に前向きに考えてもらえそうでした。

安藤さんも道内のガイドをまとめてくれるとのことで、北海道の受入れ態勢は思ったよりも早く整いそうです。

エネルギー・食料・仕事を創出し、暮らしが循環するエコヴィレッジは、
北海道が最も早いかもしれません。
銀ぎつねとバッタリ会える強運が奇跡を呼びそうです。

銀ぎつねのおそらくまだ子供が2匹じゃれあっている写真を添付します。