HOME見学会のお知らせ > 【開催しました】植林・皮むき間伐ツアーinくりこま

10/7(土) 森のようちえんで森のはなしをしよう @もあな保育園

森のようちえんで森のはなしをしよう

森を守るはなしをしよう
森を守るはなしをしよう
無垢の杉に触れたことはありますか?
もあな保育園は、内装のほとんどが無垢の杉です。そして、そのすべてが国産材です。
そこで子どもたちは、のびのびと気持ち良く過ごしています。
その裏には森を守っている人たちがいます。

山側で森を守っているのが、「くりこまくんえん」の大場さんです。
くりこまくんえんでは、有害な化学薬品処理などをしない、安心安全な木材を提供してくれています。
また、木を隅々まで使い、持続可能な森づくりをしています。
そこには多くの工夫と努力があります。

その木材を使って、家をつくり街側で森を守っているのが天然住宅です。
もあな保育園では、化学物質を含む建材を使用せず安全に配慮した空間づくりをしています。
だから、室内の空気はとてもさわやかです。

くりこま木材の大場さんからは森や木のお話を、
天然住宅の田中優からは、森を守る家、無垢材のもつチカラについて、
お話させていただきます。

森を感じられる空間で、
森と私たちの暮らしをつなげ、森を守れるお話をしましょう。

開催概要

開催日程:2017 年10月7日(土曜日)
時間:13:30 ~ 16:30(開場 13:00)
参加費:大人1人 1,000 円
※事前申し込みの上、当日受付でお支払下さい。
※中学生以下のお子様は無料です。

●プログラム●

1 安全な木材を提供して森を守るお話(大場隆博)
2 森を守れる家のお話(田中優)
3 質疑応答・トークセッション(大場隆博・田中優・関山隆一) 

●登壇者紹介●

株式会社くりこまくんえん 大場隆博氏 http://www.kurikomakunen.jp/
NPO法人日本の森バイオマスネットワーク副理事長 NPO法人しんりん理事長
森林の環境保全機能を十分に発揮させるために、持続可能な自伐林業を行いつつ、森林資源を有効活用する社会システムをつくり森林を育てる人材育成に取り組んでいる。

天然住宅共同代表 田中優 http://www.tanakayu.com/
1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、
環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。
現在「未来バンク事業組合」 理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事、
現在、恵泉女学園大学、横浜市立大学大学講師。

NPO法人 もあなキッズ自然楽校 関山 隆一 http://moanakids.org/
アウトドアメーカー“パタゴニア”での勤務を経て、1998年からニュージーランドの国立公園でガイドを経験。
その過程で、日本の子どもたちが自然とふれあえる場所や、自由に遊べる環境がどんどんなくなっていくことに危機感をおぼえ、2007年に「もあなキッズ自然楽校」を設立。

お申込み・問い合わせ先

■お申し込み■
当ページ下よりお申込みいただけます。

■お問合せ先■
天然住宅(担当:田中・井上)
メール info@tennen.org 
電話 03-5726-4226
※ なるべくメールにてお問い合わせ下さい。
  1. 必須
  2. 必須
  3. 必須
  4. 必須
 

お問い合わせはこちら