HOME社長のコメント > 相根 冴人

代表 相根 昭典(さがね あきのり)

「天然住宅」とは健康とエコにこだわった
モデルプラン型戸建て住宅コーディネートサービス
健康住宅建築・相根昭典
家づくりは、住まい手の人生の奥深くに踏み込まなければできない、作り手と住まい手の信頼関係による共同作業に他なりません。お互いが心を開き、たくさんの夢や希望、思いを共有しながら形にしていきます。

これまでたくさんの方の家づくりに携わり、その数だけの人生を見てきました。そして実感したのが、家族のしあわせの基盤は「住宅」にあるということでした。

24年前から自然素材をベースに家づくりを行ってきましたが、おかげさまで多くの方から嬉しい声を寄せていただいています。
特にお子さんがアトピーや喘息で苦しんでいたご家族、新居に越したその晩に、一度も目覚めることなく子どもがすやすやと眠ることができた、こんな事は初めてだと喜びのお電話をくださったのは印象的でした。

あるご夫婦からは、家で過ごす時間が増えたという声をいただきました。またある施主様からは、睡眠時間の長さに関係なく、深く眠れることで疲れがとれ、毎日の暮らしがいきいきと、楽しいものになったという方もいらっしゃいました。

人間が幸せを感じるのに、良質な睡眠は必要不可欠です。沈静効果をもたらすスギ材は、まさに私たちの暮らしに合った素材です。
健康住宅建築・相根昭典
しかし、住まい手と作り手にとって満足できる家づくり、それだけに留まるのにも違和感がありました。

日本は世界有数の森林大国。
しかし国土の68%にあたる森林の多くが手入れもされず、荒れ果てています。山が荒れると周りの川や海も汚れ、海産物が採れなくなるといった悪循環が生まれます。

その影響は将来の私たちの食卓に現れます。
住まい手にとって心地の良い家を建てるだけでなく、国内の木材をふんだんに使い、林産地に適性な利益を届けることで、森も人も守られる仕組みを作りたい。そんな思いから「天然住宅」を立ち上げました。

私の夢は、天然住宅のような仕組みをもった家が全国各地に増え、将来の住宅市場を作り、日本の林産地が活性化することで、山が再生されること。何より笑顔で幸せに暮らす人たちが増えることです。

山が再生されれば、川や海にも養分が行き渡り、そこでとれた美味しい海産物が、私たちの食卓に彩りを添えてくれるでしょう。自然の環に参加し、恵みを受け取りながらももたらすことができる、そんな関係性を築けるのが「天然住宅の家づくり」です。ぜひ、たくさんの方にご参加いただければと思います。

プロフィール -profile-

一級建築士、1954年京都府生まれ。住宅での化学物質汚染に危機感をもち、東西医学・民間療法等を幅広く研究し、健康住宅を提唱。健康住宅の設計・監理業務に加え、無・低公害建材の 研究・開発、コンサルティングを行う。現在、循環型社会を目指した森林復興とエコ建築やエコヴィレッジの具現化に重点を置き活動している。

一般社団法人 天然住宅 代表
株式会社アンビエックス 代表取締役
株式会社素材工房 代表取締役

書籍

健康な住まいを手に入れる本(共著:コモンズ出版)


お問い合わせはこちら