HOME田中優の「住まいと森のコラム」 > ≪番外編≫寺田本家さんに共感する

≪番外編≫寺田本家さんに共感する

寺田本家 木桶仕込
寺田本家の自然酒「木桶仕込」

奇跡の木、スギ

 天然住宅の建てる家の木材はスギがメインだ。しかも国産で防カビ剤に漬けない品で、しかも高温乾燥させずにスギ本来の芳香成分、精油分を残している。

 最初は「国内にたくさん植林されたから」ぐらいの意識しかしていなかったのだけれど、スギを知れば知るほど好きになる。スギのさわやかな香りは室内のダニを退治する。室内の温度の上下を緩和し、室内の湿気もコントロールする。神経にはリラックス効果があり睡眠を深くし、一方で集中力を高め、色の濃い芯の部分はシロアリにも食われない。大英博物館に出かけてエジプトのミイラを見たとき、ぼくはミイラより保存に使っていた箱の方が気にかかっていた。「シダー、…やっぱりスギだ」。今ではほとんど失われてしまった「レバノンスギ」が使われていたのだろう。殺菌性能を生かした使い方だ。

 日本のスギは日本の固有種だ。しかも他の生物が発祥する前からここに住んでいる。そのスギに生物や人間の方が共存したのかもしれない。私たちの生命がスギの環境に共存したのかもしれない。

食品とスギ

 日本ではスギと食品との関係もまた深い。かつてカマボコの板もスギだったし、経木と呼ばれる食品の包装もスギ、日本酒の酒樽もスギなら醸造を行う部屋そのものもスギで建てられた。写真はぼくのお気に入りの醤油だ。昔ながらの杉樽で二年寝かして作られたものだ。味の良さに感動していたら友人がプレゼントしてくれた。

 スギの食品棚に食品を入れておくと長持ちする。その実験は自宅でも簡単にできる。ただしホームセンターで売っているスギではダメだ。防カビ剤、防腐剤に漬けられた上に120℃の高温乾燥によって精油分がすべて抜けてしまっているからだ。もちろん人体に対する効果もない。ところがほとんとの家は、国産材使用と言ってもダメなスギで建てられている。これではせっかくのスギがかわいそうだ。

 「寺田本家」という本物の酒を造っている造り酒屋がある。行ったことはないが酒の方にはお世話になっている。ぼくはバカ飲みしたがる方なので日本酒はあまり飲まないが、それでも酒好きな息子と飲みに行くと寺田本家の酒ばかり飲んでいる。そしてぼくは料理酒に、贅沢なことに本物の醸造酒だけを使っている。料理に使う酒は、良いものでなければ料理を台無しにすると思っている。鼻先ですっと消えるような香りを出すには醸造酒でなければならない。

杉桶仕込醤油

スギと発酵菌、そして健康

 スギは殺菌効果があるというのに、発酵菌とは逆に相性がいい。スギの建物そのものに発酵菌を住まわせ、新たな菌を与えなくてもその部屋では発酵する。これが寺田本家の造る酒のうまさの秘密だ。長い歴史の中で住みついた発酵菌が造るのだ。だから人間のすることは菌たちの住まいやすい環境作りと、発酵の順序に対する協力だ。天然住宅で主催する「くらしとリンク」のイベントで、その寺田本家さんと対談することができた。一番聞きたかったことはスギの酒樽のことだった。今、再び昔の杉樽に戻しているとのこと。

 ヒノキも殺菌効果があるが、人間に対しては興奮・覚醒効果の方が高く、優しく包み込むようなスギの効果はないようだ。風呂はヒノキがいいが、他の部屋にはスギがいい。本物の住宅に住んで本物の酒を飲む。発酵菌が棲みついた家で発酵菌が造ってくれた酒を飲み、腸に住みつく菌も発酵菌になって体の表面に住む常在菌も発酵菌中心になる。それは健康にとって、とても良い環境になる。

 人間はそれだけでは存在できない。たくさんの生物と共生して生命をつないでいる。生命から考えると、発酵菌こそが大切なパートナーだ。そんな話を共感しながら話し合える寺田優さんが好きになった。またいつか「優&優コンビ」でイベントしたいと思う。
暮らし+リンクセミナー ゲスト:寺田本家 寺田優さん
暮らし+リンクセミナーの様子
ゲスト:寺田本家当主 寺田優さん
同じタグが付けられた田中優の「住まいと森のコラム」を見る