HOMEブログ > 井上ブログ

井上ブログ

テーマ:井上ブログ

天然住宅_三島市
 
こんにちは、スタッフの井上です。
 
静岡県三島市の建主Wさまのお宅を訪問しました。
土間のある平屋建ての家に、ご夫婦と2人のお子さまと住んでいるWさま。
敷地内には林があり、リビングからは山も望めます。
 
お茶タイムも、すいかを食べるのも、おもちゃを広げて遊ぶのもウッドデッキ。

到着早々、「よかったらウッドデッキで珈琲でも」とお誘いいただきました。
ウッドデッキは家族だけでなく、来訪者の憩いの場にもなっているようです。 
 
この景色を見て日々を重ねたら、自分の心はどんな風に育っていくだろう。
そんなことを思わずにはいられなくなるような、気持ちの良い眺めでした。

 
ウッドデッキ
 
Wさまが天然住宅を知ったの今からは6年前、奥さまが田中優の講演を聞いたのがきっかけです。

田中優自身が、岡山に天然住宅を建て、電気の自給生活をしています。

人に勧めるだけでなく、自ら実践していることが、信頼につながったのだそうです。
 
田中優講演会
▲2013年9月8日に開催された、田中優の講演会のチラシ。裏面にはびっしりと、その時のメモ書きが記されていました。
 
オフグリッドハウス
 
Wさまの家も電気を自給するオフグリッド生活を選びました。梅雨時期であっても電気が足りなくなることはなく、オフグリッド前と比べても、特に不便なく暮らしているそうです。
 
ちなみにガスはプロパン、水道はメインで使うものは市から引いていますが、外で使用する水は、周りの農家さんが共同で使っている山から引いた水を契約し使わせてもらっています。
 
災害時でも、電気、ガス、水道のインフラに困らないで暮らせることは、日常の安心感につながっているそうです。 
 
天然住宅_三島市
 
この日は、家の写真を撮らせていただくべく、営業の田中、そしてカメラマンと一緒に訪問しました。
お昼の時間にかかってしまったのですが、スパイスの効いた美味しいカレーを用意してくださっていました。
 
そこから、Wさまの「食の話」に話は移ります。
 
 
Wさまは普段、「生活クラブ生協」を利用されています。
出していただいた食事にも、生活クラブで購入した調味料が使われていました。
 

カメラマンの児玉さんも「おいしい!」と絶賛。後から調味料そのものを味見させていただいたほどです。 
実は他の建て主さまの中にも、生活クラブを利用されている方は多く、日頃から、食の安全を気にされたり、生産者を応援したいという思いを持ってらっしゃる方が多い印象です。
 
天然住宅_三島市
 
私はというと、興味はあるものの、なかなか申込みまで踏み込めずにいました。
かさばる発砲スチロール箱の置き場や、毎週ちゃんと注文できるかなど、「食」以外のところにハードルの高さを感じていたからです。
  
けれどWさまとお話して、「安全で美味しいものを食べたい(子どもに食べさせたい)」という純粋な動機を、もう一度大事にしたいと思いました。
 
帰宅後すぐに申込み、晴れて生活クラブユーザーとなったのでした。
 
 
自家製梅干し
 
Wさまには後日、ホームページに掲載する「お客様の声」に文章を寄せていただきました。
その中で印象的だった言葉があります。
 
 
「私たちもいくつかのメーカーや工務店の見学会、住宅展示場を家族で回り、自分たちがどういう家に住みたいのかについて沢山考え、悩みました。 最終的に自分たちは、私たち家族の健康を最優先に考えました」
 
 
 ご家族の大切にしていることが、食や住まいといった暮らしの選択に通じているなと感じました。 生活クラブを選ぶ気持ちも天然住宅を選ぶ気持ちも、どちらも「家族の健康」を願った際の、切実でいて希望のある選択なのだと思います。
 
そして、こんなことも書かれていました。
 
 
「見た目の豪華さや、コストパフォーマンスからは見えてこない、自然や森を守る思いにも賛同しています。自分たちが栗駒の木材を選んだことで、森を守るお手伝いが出来たこと、林業に携わり真面目に仕事をして下さる方に自分たちのお金を回せたことも嬉しいです」
 
木のおもちゃ
 
Wさまの家はとにかく明るく賑やかで楽しそうでした。
よく食べ、よく遊び、よく笑う子どもたちが、のびのびと健やかに育っている様子が印象的でした。

私たちも居心地が良くてずいぶんと長居し、そしてたくさん笑いました。とても楽しいひと時でした。
 
 
Wさま、素敵な暮らしを見せてくださりありがとうございました。
また薪ストーブが活躍する冬の時期にお誘いいただきましたので、今から訪問を楽しみにしています。
 

and more

Wさまの家の「実例写真」は「こちら」からご覧ください。
 
「お客様の声」は「こちら」からお読みください。
 

実例写真には収まりきらなかった写真をご紹介

天然住宅_三島市
室内ハンモック
天然住宅_三島市
天然住宅_三島市
天然住宅_三島市
玄関のしつらえ
天然住宅_三島市
国産薪ストーブ
ざる
絵本
ミサトっこ
木のおもちゃ
自然育児本
ミサトっこ
込み栓
歯ブラシ
田中優講演会
三島市_建主様

テーマ:井上ブログ

べんじゃら
こんにちは、スタッフの井上です。
 
最近、個人的にすごく“ときめいた”ものがあります。それが建て主さまの家の玄関土間に埋め込んだ「べんじゃら」です。
 
 べんじゃら」とは、有田焼の陶片のことを言うそうです。
色も柄もさまざまで、時代が違えばタッチも製法も異なります。
それらが職人さんの手によって絶妙なところに配置されていきます。
まったく違う時代につくられたものが隣同士に並んでいたり…なんだか不思議です。
 
「べんじゃら」そのものの、不揃いなカタチをしたかわいらしさはもちろん、それらが散りばめられた様は、まるで一枚の美しい絵でも眺めているような気がして・・
そのすべてにグッときて、萌えてしまったのでした。
 
こんなブローチや箸置きがあったらほしいなぁ(もちろんこんな絵でもいいのです)なんて、妄想したのでした(笑)
  
完全に個人的な趣味で恐縮ですが、きっと同じように、べんじゃらを見て、ときめかれる方もいらっしゃるはず!ということで、たくさんの写真をご紹介させてください。
 
そしてよければぜひ、ご堪能ください^^
 
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら

まるで一枚の絵のように・・

べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら
べんじゃら

テーマ:井上ブログ

キッズスペース
こんにちは、スタッフの井上です。
 
今日はお客さまをお迎えする、新オフィスの打ち合わせスペースをご紹介します♩
 
床は杉の無垢材、ホタテ貝が主原料の漆喰の塗り壁、既存のサッシの内側に木製サッシを取りつけています。
 
組手什を使って空間を緩やかに仕切り、畳コーナーをつくりました。
打ち合わせ中、お子さまの遊び場としてご利用いただけます。
 
ちなみに畳は国産の減農薬で栽培したい草を使用し、防虫防カビ加工はせず、芯材にも発泡スチロールを使わない、安全なものです。 部屋中にたちこめる、い草の良い香り。横になっても気持ちいいですよ。
 
お子さま向けの絵本やおもちゃ、DVDもご用意しています。打ち合わせの際はぜひご利用ください^^
 
減農薬畳
▲置き畳なので、移動も簡単。好きなレイアウトにできますよ。半月の形をしたちゃぶ台は、サスティナライフ森の家さんから寄付していただきました!昼休み、スタッフの憩いスペースにもなっている畳スペースです♪
打ち合わせスペース
▲くりこまの杉の木でつくったテーブル。木目が美しく、肌触りもすべすべで気持ちいいです。
漆喰
▲漆喰の塗り壁、波のような模様が見えますか?職人さんの技にほれぼれです。すまうと、サスティナライフ森の家の椅子は、どれも異なるデザインです。まるで家具屋さんのよう!座り心地をぜひ比べてみてください〜

テーマ:井上ブログ

桃シャーベット
こんにちは、スタッフの井上です。
 
横浜市青葉区の建て主A様の家を訪問しました!
住み始めて4年目。つい一週間前から、仔犬が家族の一員に加わったそうです。
 
お菓子作家でもあるA様の家を訪問する度にご馳走になる美味しいおやつ。
この日はA様がレシピを提供し、福祉作業所で作ったクッキーと、桃のシャーベットをいただきました^ ^
 
社会福祉法人長尾福祉会
A様の家のリビングにはエアコンがありません。
関東地方も本格的な夏を迎えましたが、川沿いで、周りに緑が多いことも手伝ってか、扇風機を回しているだけで、汗は引いていきました。
 
「毎年、8月に1週間くらいとても暑い日があるんです。その時ばかりはエアコンを買おうかと夫婦で話すんですけど、話しているうちに暑さも落ち着いちゃって、けっきょく買わないまま3年が経ちました(笑)」とのこと。
 
残暑がまだ厳しいだろう時期に、お住まい見学会を開催させていただくことになりましたので、興味のある方は、詳細をお待ちくださいね。
 
糸かけ曼荼羅
A様は家づくりの後も、栗駒に、度々足を運んでくださっています。
 
すまうとのテーブルや椅子を購入してくださり、そのすまうとの野木村敦史さんに木工教室を開いてもらったこともあるそう。
 
こんなお話もありました。 最近、参加したワークショップで作ったという糸かけ曼荼羅。「この板の部分が合板なんですけど、無垢の木でできたらいいなと思って、富張さんに相談してるんです」と。
 
富張さんと言えば、皮むき間伐や伐採イベントの際、スプーンづくりワークショップでお世話になっている「工房とみはり」の木地師・富張菜々子さんです。A様の家には富張さんがつくった器もありました。
 
栗駒の人たち、すまうとの野木村さん、鳴子の富張さん… 天然住宅を建てたことでできたつながりを、今もなお大切にしてくださっていることに感動しました。
 
Aさまに素敵な情報をいただいて、糸かけ曼荼羅というものに興味津々の私と、営業の田中。
無垢材でできるようになったら、天然住宅でもやってみたいね〜、なんて盛り上がりました。
 
Aさま、楽しい時間をありがとうございました!
 
岳中爽果
以前訪問した際、一目惚れしたダイニングのペンダントライト。作陶家の岳中爽果さんの作品です。
岳中爽果

 
D-CAN SHOP
玄関前の表札は友人がプレゼントしてくれたものだそうで、マグネットでくっついています。 A様もお気に入りだそうで、駅名標っぽいレトロ感がすてきですよね^^  
表札
個人的に、このビスにぐっときました。サビ具合も水色の留め具?もかわいい〜!
 

テーマ:井上ブログ

完成見学会
川崎市高津区で完成見学会を開催しました。
ありがたいことに、両日ともたくさんの方にご参加いただきました。
 
30代のご夫婦とお子様の3人が暮らす家は、ロフトも含めて約43坪と、天然住宅で建築してきた家の中では広めの造りです。 
玄関には、庭仕事で使う器具や自転車なども置けるような広々とした土間があります。
リビングダイニングには建具で仕切れる4畳半の畳コーナーもあり、くつろぎスペースとして活躍しそうです。畳も、防虫防カビ加工をほどこしていない、国産の減農薬で栽培したい草を使用した、こだわりのあるものですよ!
 
この見学会と、大場さんの木や森づくりのお話が、参加される皆さまの家づくりに、役立つものになりましたら嬉しいです。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
 
完成見学会
完成見学会
完成見学会
すまうと
完成見学会