HOMEブログ > 井上ブログ

井上ブログ

テーマ:井上ブログ

雪あそび
▲東京に大雪が降った翌日、友達の家で雪あそびをしました。
こんにちは、スタッフの井上です。
 
娘の通う保育園では、現在インフルエンザが大流行中です。
娘の所属する年長クラスのみ、児童の2/3ほどが次々と罹患しています。
 
集団生活を送るかぎり、流行病は避けることができません。
娘はいつかかるだろう・・とドキドキしながら送り迎えをする毎日です。
 
先日6才になった娘ですが、これまでに確か3回、インフルエンザにかかっています。
多いですよね。。
私は30数年生きていますが、一度もかかった記憶がありません。
娘がかかった時は、看病のためにつきっきりで、しかもいつも以上にべったりと過ごしていたにもかかわらず、です。
自分の免疫力が高いのか、インフルエンザの耐性?があるのか謎ですが、何だか不思議だなぁと思います。
雪あそび
▲平坦な場所でそり滑りを。滑らなくたって、子どもは楽しいみたいです(笑) 
インフルエンザにかからないように、あらかじめ予防接種を受ける人も多いと聞きます。
我が家では、インフルエンザに関わらず、子どもの予防接種はこれまで控えてきました。
いろいろな理由がありますが、根本には「病気になることってそんなによくないことなのかな?」という疑問が自分の中にあるからです。そして、「病気にならないためにワクチンを使って未然に防ぐことが、体にとっての最善策ではないんじゃないか」とも思っているからです。
 
できるなら、病気になっても自分の力で直せる力を育てていきたい、なるべく病気にならないように、なったとしても軽くてすむように。免疫力とか自然治癒力というのをもっと信じてみたいです。そのほうが長い目で見た時に、体にとってもいいんじゃないかなぁとも思っています。
雪あそび
▲子どもは風の子? 日が暮れるまで遊んでいました。
同じ理由で、体調を崩すことがあっても、なるべく投薬を控えてきました。
熱があるなら上がりきったほうがいい、咳が出るなら出し切ったほうがいい。頭が痛いなら・・
解熱剤や咳止めなどは対処療法にしか過ぎず、根本的解決にはつながらない。悪いものがあれば出し切ることが必要だし、風邪やインフルエンザであれば、何よりの薬は「ゆっくり静養すること」それ以外にはないように思います。
 
病気に関することは、各家庭で考え方が異なると思います。個々の事情や、体質などもあると思います。
安静が大事だと分かっていても、仕事を持っている人であれば少しでも早く復帰したい、両親ともに働いていれば、子どもの看病のために長く休んでいられない、切実な思いですよね。
どんな選択が正しいかなんて誰も判断できないのかもしれない。少なくとも当事者が納得できるか、なのかなぁと思います。
雪あそび
▲おーい。そろそろおやつにしよう~
この季節になると、過去に開催した豊受クリニック高野先生によるワクチンセミナーのことを思い出します。
予防接種を受けることが当たり前になっている時代に、ちょっと立ち止まって考えてみてほしいという願いもこめて、「ワクチンは本当に必要?」というタイトルをつけて開催しました。
 
ワクチンに関する基本的な情報や、ワクチンがどんなもので作られているか、抗体をつくることの意味、国内外のデータからみるワクチンの必要性などをお話いただいたのですが、子どもの健やかな育ちを願う、本当にたくさんの(特に)おかあさん方の参加が多くありました。
 
色々なものが、ことが、溢れかえり、飽和している時代。物事を考える時「本当に必要なのかな?」という視点は、ワクチン接種に限らず、とても大切な気がします。
 
ちょっと話はずれましたが、子どもが小学生にあがる前の心がそわそわする時期、また高野先生のお話が聞きたいと思ったのでした。
 
▶ワクチンセミナー開催レポートは『こちら』からご覧いただけます。
 

テーマ:井上ブログ

クリスマスケーキ

こんにちは、スタッフの井上です。
 
天然住宅は今日で仕事納めです。
今年も一年、お世話になりました!
 
駆け抜けていくようにバタバタと過ぎ去った12月。
来春、小学校にあがる娘の就学前健康診断があったり、
友人親子とクリスマスパーティーを開いたり、
サンタさんの役目を果たすべく、街中へ繰り出したりもしました。
大掃除とまではいかないまでも、合間を見てプチ掃除にいそしんだり。。
休みの日もフル稼働だったように思います。
  
そんな中、家族でなく自分自身のために過ごす時間もありました。
最近の変化は、自宅や会社で珈琲を淹れるようになったこと。
豆を挽き、ゆっくりとドリップする時間は、
思いのほか気持ちを落ち着かせてくれました。
珈琲に合うお菓子を見つけるのも楽しくて。
社内では珈琲部なるものもつくりましたよ。
部員はまだわずか2名ですが、来年の活動に期待したいと思います!
 
ここからは個人的なことで恐縮ですが、
最近の出来事を写真とともに振り返ってみたいと思います。
お付き合いいただけたら嬉しいです。
 
イルミネーション@六本木

イルミネーション
▲12月中旬、六本木で開かれていた建築家・安藤忠雄展に足を運びました。六本木の街並みに輝くイルミネーション。普段はきれいだなと思う前に、消費電力のことをつい気にしてしまうのですが、幻想的な光景に思わず足を止めてしまいました。
公園
▲娘は水遊びがだいすきです。12月下旬だというのに公園内に見つけた流れる水を前に、テンションマックス。「入ってもいい?」と言いながら、答えを聞く前に入っていった姿がおもしろかったです。
Blackwell-Coffee
▲吉祥寺の喫茶店「Blackwell-Coffee」。自家焙煎の珈琲がいただけるこのお店では豆の購入もでき、何度か足を運びました。Blackwell-Coffeeがある中道通りにはこだわりの珈琲屋さんがたくさん並んでいます。
酒屋いいだ
▲埼玉県志木市で開催した「モーラの家」での見学会後、ミドリムシ不動産の宮原元美さんに連れていってもらった近所の酒屋さん。店主が次から次へと試飲させてくれました。店内では立ち飲みも可能で、お酒やつまみを買ってプチお疲れさま会をしました。燻製の生ビールが美味しかったです!近所にこんなに居心地のいいお店があるなんて・・引越しを決める時の、大きなポイントになるんじゃないかと思ったのでした。
たこ焼きパーティー
▲12月中旬、休みの日にスタッフと事務所に集まりたこ焼きパーティーもしました。たこ焼きって、時々無性に食べたくなります!お酒も進みましたよ。
ディズニーランド
▲最近、ディズニーランドデビューも果たした娘です。(私は15年ぶりに足を運びました)テーマパークは何となく苦手でしたが、実家に暮らす家族も一緒にわいわいと過ごす時間はやっぱりいいものですね。
埼玉スタジアム
▲初めて、生のサッカー観戦もしました!(特別感いっぱいのVIP席に招待してもらいました)こんな体験、最初で最後かも?サポーターの熱気がすごかったです。
モレスキン手帳
▲来年の手帳は、初めて「モレスキン」を使うことに。名前の刻印が気に入っています。

来年もどうぞよろしくお願いします

プライベートのことをあれこれと並べてしまいましたが、今年は仕事と暮らしのバランスを意識し、環境を整えた一年でもありました。これまではどうしても仕事の比重が大きかったのですが、子どもが小学校にあがるのを前に、今はもう少し時間的な余裕を確保したいと思い、結果的に働き方を変える選択をしました。
この選択が良かったのかどうかは分かりませんが、今の自分には必要だったんだなと思います。
 
天然住宅では家づくりを通し、お客さまの豊かな暮らしづくりのお手伝いをしていきたいと思っています。
豊かさや幸せは人それぞれ異なるものだと思いますが、心身ともに満たされた状態であったり、ワクワクとした心持ちで日々を過ごせること、自分の興味あることや好きなことに思いを巡らせ行動できること、そのきっかけづくりができたら幸せだと思うのです。
 
お客様にご提案するからには、自分自身の暮らしだって、もっとワクワクしたものにしていきたい。 
仕事も暮らしも、自分なりの頑張り方や楽しみ方で、これからも味わっていきたいと思います。
改めまして、今年一年大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします!

テーマ:井上ブログ

スイッチプレート、ひとつだけれど

陶器製スイッチプレート
天然住宅で使用するスイッチプレートはアルミ製のごくごくシンプルなもの。プラスチック製品はスイッチプレートに限らず極力使っていません。
 
お客様の中には、このスイッチプレートひとつにも「これを使いたい」とリクエストされる方もいらっしゃいます。それは陶器のものだったり、金属製だったり、スイッチ部分がボタンタイプだったり、レバータイプだったりと、さまざまです。
 
私もこういう小さなところに、自分の好みを反映させたいタイプなので、お気持ちよーく分かります!毎日見るところ、触れるところに、自分のお気に入りがあるというのは、どうにもこうにもテンションがあがりますよね。
 
今回のテーマは、「スイッチプレート」です。お付き合いよろしくお願いします!
 
アルミプレート
▲天然住宅の標準仕様はこちらのアルミタイプのプレートです。
 
アルミプレート
▲とてもシンプルで自然素材にもすっと馴染みます。
 

アルミプレート
▲周りの雰囲気を邪魔しませんね。
 

陶器プレート
▲こちらは、陶器でできたものです。
 

陶器スイッチ
▲ナチュラルな雰囲気になりますね。白タイルとの相性もgoodです。
 

陶器スイッチ
▲すっきりとした印象になります。
 

陶器スイッチ
▲無垢の板張りにも合っています。
 

陶器スイッチ
▲こちらは同じ陶器製でも、スイッチ部分がレバータイプのものです。かわいらしすぎないところが、個人的に好みです◎
 

トグルスイッチ
▲スチール製です。一気に雰囲気が変わります。工業製品っぽいですよね。カッコいいです。
 

トグルスイッチ
▲シンプルかつ、無骨な雰囲気を出してくれます。
 

トグルスイッチ
▲建具の取っ手もスイッチの雰囲気に合わせて、アイアンのものを選んでいます。
 

トグルスイッチ
▲こちらはアルミ製です。よりメカっぽい!!
 

金属スイッチ
▲金属製のレバータイプのプレートです。
 

スイッチプレート
▲こちらは真鍮製です。塗装の剥がれ具合が、ヴィンテージ感を醸し出しています。
 

スイッチプレート
▲事務所のトイレのプレートは黒の金属製です。
 

陶器スイッチ
▲最後は、丸い形の陶器タイプのもの。(ちなみに施主様自ら調達された扉は、この後に取っ手をつけていますのでご安心を!)
 

「小さなすき」を詰め込んだ家づくり

いかがでしたか?
 
細かなところではありますが、スイッチプレートひとつとっても、何を選ぶかで室内の印象をずいぶんと変えてくれるちからがあるように思います。
 
どれがいいというわけではありませんが、こういう小さな部分にもじぶん好みを反映できたなら、また少し「わたしの家」、「わたしたちらしい家」に近づくのかもしれません。
 
“小さなすき”をいっぱい詰め込んで、楽しい家づくりを叶えていただけたら嬉しいです。ぜひ、参考にしてみてください。
 
▶おすすめサイト『tool box』
内装建材や家具パーツ、住宅設備の販売を行うオンラインストア。渋谷区千駄ヶ谷にはショールームもあります。

テーマ:井上ブログ

北の丸公園
先日、たまたま用あって九段下に足を運びました。
スムーズに用が済んだことで気分もよく、さてこれからどうしようというところで目にとまったのが、武道館のある北の丸公園でした。あまり深く考えず足を運んだのですが、そこでとてもいい景色に出合えたのです。
 
訪れたのは一週間ほど前。紅葉の見ごろが間もなく終わる、そんな時期でした。
空を見上げ、人を見つめ、日の光をたっぷりあびて、紅葉にわくわくして。公園を出る頃にはすっかり心もあたたまっていました。
 
天気がよくて、時間もあるって、最高の贅沢ですね。
そしてこういう時、気の向くままにふらっと足を向けられる、そんなフットワークや心の軽さも大事だなぁと思いました。朝、家を出るときにはまったく想像もしていなかった気持ちのよい一日を、案外たやすくつくってしまえるのだから。
そんな小さな発見のおまけも含めて、とても満たされた一日になりました。
  
願わくば、天気が悪くても、時間がなくても、それはそれで楽しめる自分であれたらよいです。でも、たまにふいに訪れる、いろんな条件がうまく重なった瞬間の「やったぁ!!」と心躍る気持ち。やっぱりたまりません。
 
秋のおすそわけを写真とともに。よかったら、受けとってください。
 
北の丸公園
▲門にひかりがあたって・・とてもきれいだなぁと思って、思わず撮った一枚。
 
北の丸公園
▲どちらの道をすすんでも、いいですね~
 
北の丸公園
▲個人的に、秋はとっても好きな季節です。
 
日本武道館
▲久々に見ることができた、日本武道館。
 
北の丸公園
▲立派な門構えですね。
 
北の丸公園
▲屋根の瓦がかわいらしくて、思わず撮ってしまいました。
以上、秋のおすそわけでした♩

テーマ:井上ブログ

我が家の大黒柱を伐りに行こう

伐採体験
天然住宅では「長持ちする家」を目指していますが、それは耐久性や性能面など技術的なことだけを言うのではないと思っています。住まう人の「長く住み継いでいきたい」という気持ちもまた、長もちする家の大切な要素だと思っているからです。
 
私たちのパートナー企業「栗駒木材(くりこまくんえん)」では、秋から冬にかけて家づくりに必要な木材を伐採します。希望される建主さまには、山に足を運んでいただき、現地の木こりと一緒に大黒柱や梁を伐っていただきます。
 
このような体験を通じ、家への愛着を深めていってほしいという思いもありますし、何より家づくりを楽しんでもらいたいと思っています。
 
今回の家づくりのアイディア帖では、「我が家の大黒柱を伐りに行こう」をテーマにお届けしたいと思います!
 
伐採体験
「命をいただきます」と感謝をこめて。木を伐る前に必ず行う儀式です。私たちが届けたいのは、木材一本の伐採からはじまる家づくり。その背景にあるストーリーも含め、楽しんでいただきたいと思っています。
伐採体験
▲チェンソーを持つことが初めての人がほとんどです。木こりさんから、しっかりとレクチャーを受けます。
伐採体験
▲家族も見つめます。「おとうさん、がんばって」
伐採体験
▲まずは「受け口」づくりから。木を倒す方向を決め、伐採したい方向に垂直になるように「受け口」をつくります。
伐採体験
▲受け口をつくる際に伐り取った材。記念に持ち帰られる方も多いです。
伐採体験
▲受け口ができたら、反対側に「追い口」と言われる切り込みを入れていきます。
伐採体験
▲最後は「まさかり」で倒していきます。3才のお子さんも挑戦しました。
伐採体験
▲最後は、お父さんと一緒に。この日のこと、覚えていてくれたら嬉しいです。
伐採体験
▲記念写真です!!
伐採体験
▲これまでたくさんの方に、木材の伐採を体験していただきました。
伐採体験
▲チェンソーの音や、木が大きな音を立てて倒れていく様はとても迫力があり、中には泣き出す子もいます。驚いたり怖いという感情がわきあがってくる子もいれば、目の前で命が終わりを迎えることに、どうしようもない悲しさを感じた子も過去にはいました。木を伐り倒すお父さんの姿を見て、「かっこいいね!」と言ってくれた子も。子ども達もまた、何かしらの思いを抱いてくれています。命に直に触れるようなこういう生の体験を、たくさんの方にしてほしいです。
伐採体験
▲くりこまでは、馬を使って木材を山から運び出す、馬搬(ばはん)をはじめています。
製材所見学
▲翌日は、製材所の見学もしていただいています。
大黒柱
▲山で伐った木が、街に運ばれ、家の一部になるということ。“第二の木生”(人生)がはじまるのですね。
大黒柱
▲毎日、見えるところ触れるところに大きくて太い木がある。家も人も一緒に育っていく。そんな風に思っていただけたら・・
 

家づくりは命をいただくことだから

天然住宅で家づくりにたずさわる仕事をしていると、家はつくづく「買うものではなく建てるものなんだな」と感じます。たくさんの命をいただいて、形になっているのだなぁとも。
 
我が家に使われている木は、どこで生まれ、どこで育ったのか。誰が伐って、どこで製材されたものなのか。完成した家だけを見ても、その工程はなかなか想像できないかもしれません。現地に足を運び、実際に見て、話を聞いて、そうやってさまざまな過程を経ていることを知ると、「家そのものの成り立ち」に想いを馳せることができるようになるかもしれません。ひとつの体験や実感が想像力を補ってくれるように。
 
そのような体験が、家に対し、日々手をかけたり、大切に住むことにつながっていくのかもしれません。そのような日々を重ねていくことで、愛着心もじんわりと育っていくのかも。経年変化が、ただ「古い」と感じるのでなく、「味わい」として感じられる、そのような想いにもつながっていったらいいなぁと思います。
 
それらは暮らしの中に、ひとつの豊かさをもたらしてくれるように思います。そんな家づくりを、これからもお客様に届けていきたいと思います。