HOME > ブログ

ブログ

テーマ:井上ブログ

工房とみはり
こんにちは、スタッフの井上です。
事務所のコースター達を並べてみました。
 
栗駒の森林イベントでワークショップの講師をしていただいている「工房とみはり」の生地師、富張さんに作ってもらったコースターは、さまざまな樹種でできていて、裏をかえすと木の名前が書いてあるんです。事務所にお越しの際は、ぜひ色や木目の違いを楽しんでみてくださいね。
 
工房とみはり
▲おもてのかお
工房とみはり
工房とみはり
▲うらのかお
工房とみはり

テーマ:井上ブログ

ノクチカ
こんにちは、スタッフの井上です。
 
天然住宅では4月から、スタッフが働く場所を選べるようになりました。私は今月から週に2〜3回、自宅からほど近い、シェアオフィス(コワーキングスペース)「nokutica(ノクチカ )」を利用しています。
 
このシェアオフィスの建物が素敵なのです。もとは街の診療所、その後は学習塾や下宿として、地域に暮らす人の生活のそばにありました。空き家になってからも、地元民にとってのランドマーク的存在だったそうです。なんと築90年超!
 
その後、大家さんと不動産会社がタッグを組んで、「新たな場づくり」としてのプロジェクトがはじまり、建物は生まれかわりました。もともとの雰囲気を大事に、とても丁寧な補修が施されたのだなぁ。そんなことが伝わってきて、何だかとても落ち着く空間なのです。
 
利用し始めてまだ日が浅いですが、居心地の良さを感じ、集中もできて良い感じです◎
 
先日は利用者を対象にした「薬膳ランチ会」に参加しました。
薬膳ランチ、普段なかなか食する機会もありませんが、どれもこれも美味しくて、若干ですけど「健康な状態」に近づけた気がするから不思議です笑
 
今日も利用者さんがシェフになってくれ、美味しいエスニック料理をいただきました。
人見知りな性格なので、他の利用者さんとお話しするのはとても緊張しますが、少しずつ、つながりもできたらいいなぁと思います。
そして、食べることが大好きなので、このような機会には積極的に参加したい!と思っています。
 
ランチ会
薬膳ランチ

テーマ:井上ブログ

日本仕事百貨による取材
日本仕事百貨による取材
こんにちは、スタッフの井上です。
 
日本仕事百貨という求人サイトがあります。読み物としてもおもしろくて、転職する気がないのについついのぞいてしまいます。
 
この会社の取り組みはいいなぁ、この商品すてきだなぁ、日本にはこんな場所があるんだなぁ、こんな人たちと一緒に仕事ができたら楽しそうだなぁ。そんな風に、いち会社を通して人や物や場所を見ている、そんな感じです。
 
先日、そのサイトを運営している「シゴトヒト」のライターさんに取材に来ていただきました。
 
天然住宅では約2年ぶりに人材募集を行います。
職種は、営業と現場監督と設計と多種に渡ります。
 
一読者として、どんな記事になるのかわくわくしつつ、良きご縁がありますようにと楽しみが募ります。
 
記事の公開を楽しみにしていてください!
 
▼日本仕事百貨ホームページ
https://shigoto100.com
 
取材後のひとこま
▲取材直後のひとこま。緊張してうまく喋れなかった、カメラをむけられても顔がひきつっちゃったとのこと。普段はこんなにいい笑顔をする人たちなのに!笑

テーマ:井上ブログ

組手什
組手什
組手什
組手什
こんにちは、スタッフの井上です。
 
天然住宅の新オフィスでは、杉の間伐材「組手什」家具が大活躍。
 
先日の大掃除&片付けDayでは、スタッフ濱中を中心に、あっという間に本棚を作り上げていました。
 
まだまだ欲しいぞ、組手什。お求めは、くりこまイベントでもお世話になった「サスティナライフ森の家」まで!
 
▼参考記事
“建て主さまの”組手什でこんなもの作りましたシリーズ
 
◎玄関脇にぴったりの飾り棚&カウンター下のストック棚編
https://tennen.org/blog/inoue-blog/kudejyu2.html
 
◎キッチン小棚編
https://tennen.org/blog/inoue-blog/kudejyu.html
 
◎テレビ台編
https://tennen.org/blog/inoue-blog/kudeju.html
 
◎お子さまの机と棚編
https://tennen.org/blog/inoue-blog/kudejyu-2.html
 

テーマ:井上ブログ

構造見学会

こんにちは、スタッフの井上です。

 

先日、数年ぶりに構造見学会を開催しました。

 

建物の構造とは、土台や、基礎、骨組、そして壁の中のこと。

建物が完成してからでは見ることができませんが、建物の耐久性に大きく関わる、「家の骨格」ともいうべき大切な場所です。

しかし、見えなくなってしまうからこそ、いくらでも手を抜くことだって残念ながらできてしまう場所でもあります。

 

天然住宅のこだわりは見えない部分ほど多数存在する、と思っています。

だから、家づくりを検討されている方には是非見てほしいところです。

見た目の華やかさはありませんし、少々マニアックな話にもなりがちです。

だから構造見学会の参加者はいつも少なめなのですが、参加された方は「そうなんだ~~!」と納得し、私たちの家を好きになって下さる方が多いように思います。

 

工事中の現場の匂いもぜひ嗅いでほしいです。工事はじめから最後まで、化学物質のイヤな匂いがありません。これはとても珍しいことでもあります。職人さんの健康状態にも悪い影響を及ぼさずにすんでいることが、私たちのちょっとした自慢です。

 

実際の工事中の現場をご覧いただける機会はそうありませんが、もちろんスライドやお話で、こだわりをお伝えすることもできます。気になる方はぜひ、スタッフにお声掛けくださいね。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

【参考記事】


◎天然住宅ならではの工法。基礎コンクリート・金物編

https://tennen.org/kodawari/construction


◎耐震性についてのお話

https://tennen.org/column/c_kouzou/taisin.html

 

◎構造材についてのお話

https://tennen.org/column/c_kouzou/kouzouzai.html


◎断熱材についてのお話

https://tennen.org/column/c_kenkou/gurasuuru.html