HOME > ブログ

ブログ

テーマ:天然住宅×賃貸のブログ

文京区小石川にて戸建て賃貸を建築しています。
2010年にお引渡しさせていただいた都市型エコビレッジのスクワーバ見樹院の隣、後楽園駅、春日駅から徒歩13分、茗荷谷駅から徒歩16分の地です。

建て主様はスクワーバ見樹院のときと同じくお寺です。
中心となっている住職は社会変革、社会資産という言葉を大切にして、
この世の中を良くしていくことに力を注いでいらっしゃいます。

今回も天然住宅にお声がけいただいた理由の一つが価値ある社会資産を残していくためだと認識しています。

天然住宅で賃貸住宅を建てるということは、大家さんにとっても、天然住宅にとってもある意味挑戦です。
一般的に木造アパートを建てる時に借りられるローンの返済期間は20年間です。
住宅ローンも短いですが、木造アパートのローンは本当に短いです。
借り入れの返済負担がのしかかる最初の20年間に黒字を確保するためには、初期費用をいかに安くするかという話になりがちです。
その結果、現在建っている木造アパートの多くが安普請で、住む人の健康に悪く、20~30年で建て替えられてしまうのです。

そういった賃貸住宅を建てたり、住んでしまうと、大量消費社会に組み込まれてしまいます。
森を守る、建築時も解体時も環境に負荷をかけない、住む人の健康を考える、長持ちして大切に使われる。
そんな賃貸住宅を建てることで、賃貸住宅市場を変えていきたい。大量消費社会を変えていきたい。
そんな想いを持って賃貸住宅を建てています。
もちろん、天然住宅としては、建て主様に経済的に苦しい思いはさせまいと、企画・設計しています。

住職は「お寺はお寺だけのものじゃない、地域の資産だ。」と言います。
お寺の土地で建てる建物も社会性を持つ資産となるよう、住職と力を合わせて賃貸住宅を建てています。

増本


IMG_2438
背景にエコビレッジ スクワーバ見樹院がそびえ立ちます。
IMG_2455
住職自ら地鎮式を執り行いました。
IMG_24422
地鎮式のお供え物。
IMG_0279
古家を解体したら埋設物が大量に出てくるといったトラブルがありました。

テーマ:天然住宅×賃貸のブログ

埼玉県上尾市で計画中の賃貸住宅。
建て主様が命名した賃貸住宅の名前は「だんだんハウス」。
名前の由来について下記のメールをいただきました。
-----
『だんだん』の温もりを感じる響き。
『だんだん』は方言でありがとうの意味。
『だんだん』を重ねて行きたいという強い思い。

ここが温もりがあって、ありがとうに溢れ、住む人達の人生が 『だんだん』 重なっていく場所になってほしい!という願いを込めて、『だんだんハウス』と命名しました。
-----

『だんだん』は建て主様のおば様の口癖でもあるとか。その響きがとても温かく、物件名を決めるきっかけになったそうです。

企画し、設計し、建てて終わりではなく、
暮らしが営まれていく中で、建物の中も外も馴染み、時を経て美しくなっていく。
作る人、住む人、手入れする人たちの感謝の気持ち、人生が積み重なっていく。

私たち設計側も、そんな未来を想像しながら、進めています。

これから『だんだんと出来上がっていく様子を報告していきます。

増本
9539

テーマ:天然住宅×賃貸のブログ

2年半前からご相談いただいていた計画が徐々に形になろうとしています。

あーでもない、こーでもないと紆余曲折しながら、2019年春から新生活を送れるように大急ぎで設計を詰めているところです。


今回の賃貸住宅の舞台は埼玉県上尾市の南端。最寄り駅はニューシャトル原市駅で徒歩約16分。大宮駅まで車を使っても電車を使っても約30分、新宿駅までなら1時間強の場所です。

大家様が住むとても広い敷地の一部を使って3戸の賃貸住宅を計画しています。

このだんだんハウスの居住者が敷地全体を使用できるわけではございませんが、大家さんとしてはだんだんハウスの敷地以外の部分も、居住者の方と一緒に使って行けるように出来たらと考えていらっしゃいます

敷地の中には大きなケヤキの木や様々な果樹があり、菜園スペースがあり、蔵があり、…
私自身もここに住みたいと思ってしまうほどのポテンシャルがあります。

首都圏で農的暮らしを楽しみたい人にとってはヨダレが出てしまいそうな土地です。

居住者の方には、天然住宅で建てる建物の中だけでなく、庭での生活も存分に楽しんでいただきたいと思います。

舗装されていない大きな敷地の中にあり、木々もあるので、この夏の暑さも若干控えめです。

今後の進捗をぜひ楽しみにしていてください。

増本


IMG_211011
シンボルツリーのケヤキの木。南面の窓からはこの風景が楽しめます。
IMG_20171114_122419
こちらのケヤキの葉は秋に黄葉します。
20161020_112050
蔵も風情があります。今後どう活用するか検討していきます。
IMG_1194
冬は椿が華やかに咲きます。脇ではずらっと並んだドウダンツツジが紅葉します。

テーマ:田中ブログ

都会ですと、なかなかお庭スペースをとるのも難しいですが、
少しでも植物があると、暮らしに彩りがましますね。

建て主様の中には、リースをご自宅のお庭の植物を使って作られる方もいらっしゃいます。

A様のお宅では、
ラベンダーのスワッグを玄関先に飾られていました。
ラベンダーのスワッグ
扉を閉めるとき、ラベンダーの香りがして、癒されます。

これもお庭で摘んだラベンダーなのだそうです。

ハーブ系の植物は生命力が強く、
この季節は、使いきれないほど、たくさん繁茂するそうです。
虫よけにもなります。

室内に植物があると癒されますね。
無垢杉と自然素材の空間とはとても馴染んでいて、
こころなしか、ラベンダーも居心地がよさそうです。

スワッグは「壁飾り」という意味です。

テーマ:井上ブログ

育てる住まい
 
こんにちは、スタッフの井上です。
 
天然住宅が設立し、10年という年月が経ちました。
これまで、家づくりを通じ、たくさんの方々の暮らしや人生に、関わらせていただきました。
10人いれば10通りの家づくりがあるように、その後の暮らしも人生も、お客さまと同じ数だけある!ということを実感した10年でした。
 
天然住宅が今、家づくりを検討されている方に届けられることは何だろうと考えた時、天然住宅で暮らしている方の暮らしの様子をもっと伝えていきたいと思いました。「どんな家が建つの?」と同じくらい、「どんな風に暮らしているの?」や、「家はどんな風に変化していくの?」ということを知りたい方は、きっととても多いと思うからです。
 
今回ご紹介するのは、2010年にお引渡しさせていただいた千葉県のO様邸です。
お引渡し当初は、草も生えていなかったお庭が、年月を経るごとに、どんどんと変化していきます。
まるで森のような、草原のような、はたまたお花畑のような美しい佇まい。建て主さまのセンスを感じます。
 
そんな建て主さまは笑ってこう言うのです。
「(庭をいじることが)好きなんですよね。ただ、それだけなんです」と。
 
「ただ、それだけ」とは思えない、まるでアート作品のようなお庭だと、訪問するたびに思うのですが、O様にとっては日常のごく一部、本当に「ただ、それだけ」のこと、なのかもしれません。
 
お庭づくりや、自分の心に触れたものを少しずつ集めながら、自分たちの住まいを、少しずつ居心地の良いものに育て、日々を楽しまれているO様の暮らしぶり(住まいの変化)から、家づくりや暮らしづくりのヒントを見つけていただけたらうれしいです。
 
そして、暮らしの中で、「ただ好きで、ただやってしまうこと」にこそ、暮らしを豊かにするチカラがある、そんなことも感じていただけたらと思います。
  

1年目の冬 ーお庭づくりを少しずつー

育てる住まい
育てる住まい
育てる住まい

暮らしはじめて4年が経った頃 ー家具もすっかり馴染んでー

育てる住まい

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

育てる住まい

家族7人が暮らす家 ー床の色にも変化がー

育てる住まい

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

住まいの変化は外にも ー景色を楽しめる庭にー

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい
育てる住まい
育てる住まい

7年という年月が経って ーまるではじめから、そこにあったかのような景色ー

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

庭だって、暮らしをつくりゆく大切な一部だから

育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい

育てる住まい
育てる住まい
育てる住まい

育てる住まい