HOME > ブログ

ブログ

テーマ:井上ブログ

アトリエデフ
 
こんにちは、スタッフの井上です。
先日、スタッフ皆で、長野県上田市に本社をかまえる「 循環の家@アトリエDEF 」さんの八ヶ岳営業所を訪問しました! 
 
緑豊かな場所に佇む美しい建物、敷地内には畑やかまどがあり、奥にはたくさんの薪が積まれていました。
工務店の営業所とは思えない、まるでひとつの美しい村にいるようで、歩いているだけで気持ちが高揚しました。
 
アトリエデフ
 
日本の木と土、そして自然素材を使い、自然と共生する家づくりを20年以上に渡り行っているのが、アトリエデフです。
デフさんは、私たちと同じ栗駒木材(現:くりこまくんえん)の木を使いながら家を建てています。
 
そして、私たちが春と秋に訪れる、鳴子の「エコラの森」は、社長の大井さんが名付け親なんだそう!
 
アトリエデフ
 
大井社長はアトリエデフのことを、「日本の森を守り育てる会社なんです」と言っていました。
そして「家を売るのではなく、暮らしを提案しているんです」とも。
 
スタッフ田中は、デフさんに足を運ぶお客様の気持ちを想像しながら、話を聞き、見学や体験をしていたそうです。
 
そして思ったのは、「ここに来ると、家づくりがしたくなるのではなく、暮らしを営みたくなるのではないか」ということでした。
 
地に足のついた暮らしを丁寧に営みたい。そう思った時にふさわしいと思える家。それがデフさんの家なのだと思います。  
アトリエデフ
 
それは、大井社長をはじめ、スタッフの皆さんが、暮らしの本当の豊かさを求め、自然に寄り添った暮らしを実践しているから。
土を耕し、野菜を育て、かまどでご飯を炊き、昼はみんなで食卓を囲む。雑草を抜き、掃除をし、薪を割り、火をおこす…そんなことも就業時間の中でやっているそうです。
 
まさに「暮らしながら働いている」という表現がぴったりでした。
 
アトリエデフ
 
またこんな話も聞かせてくださいました。 
 
新入社員は最初の3ヶ月の間に、畑の土作りから、田植え、山仕事などを先輩からみっちりと学ぶそうです。かまどで美味しいご飯を炊けるようになるまで何度も何度も練習を繰り返します。
 
そうやって得た、食べ物を自分で作る喜びは、大変さも含めて実感の伴った言葉となり、お客様に伝えることができます。
嘘のない言葉は、お客様の「デフの家に住んでこんな暮らしをしたい」という思いにつながるのだと思います。
 
スタッフの皆さんの表情もとてもいきいきとしていて、その姿からも、素敵な会社なんだろうなということが伝わってきました。(私もすっかりデフファンになりました!)
 
大井明弘さん
 
今、大井さんが挑戦しようとしているのは、「自然に還る素材を使った家づくり」から、「再生可能な資源での家づくり」なんだそうです。
 
自然素材だとしても、たとえば数百年後使えなくなってしまうものを使っていれば、いつか資源は枯渇してしまう。そうではなく、何度だって使えるものだけで家を建てたい。 それは地球環境や子どもたちの未来のため。本気の思いを叶えるべく、実現に向けて動きはじめているそうです。
 
アトリエデフ
 
私は子どもの迎えがあり、後ろ髪引かれる思いで先に帰りました。
正味2時間の滞在でしたが、刺激と学びがいっぱい。
天然住宅が目指していることを実現している会社があることに感動し、勇気をもらいました。
きっと参加したスタッフもそれぞれ、胸の中にさまざまな思いを巡らせていることと思います。
 
アトリエデフ
 
天然住宅は東京を拠点に活動しています。
都会から地方へ移住する方が増えている中、そのような方にももちろん役に立てる存在になれたらと思います。
 
一方で、都会に住む人がその場所で叶えられる、無理のない、自然と寄り添える暮らしというものを、これから自分たちでさらに模索しながら、提案していけたらと思いました。
 
アトリエデフ
 
今回、このような貴重な機会をいただけてとても嬉しく思います。 大井社長、スタッフの小倉さんはじめ、アトリエデフの皆さま、今回の訪問のきっかけを作ってくれた、田中悠輝くん、どうもありがとうございました! 
 
アトリエデフ
▲設計課、工事課など、部署ごとに建物が分かれているそうです。
アトリエデフ
▲モデルハウス「循環の家」。
アトリエデフ
▲「循環の家」リビングからの眺め。
アトリエデフ
▲火起こしを体験させてもらいました。
DSC03782
循環の家
アトリエデフ
アトリエデフ
アトリエデフ
▲火の揺らぎは見ているだけで落ち着きます。
アトリエデフ
▲アットホームな雰囲気。
アトリエデフ
▲火を起こしていたのは、畑からとれたトウモロコシを茹でるためでした。
採れたてトウモロコシ
▲おいしそう〜
トウモロコシ
集合写真

テーマ:田中ブログ

地鎮祭
こんにちは、スタッフの田中です。
 
本日は柏市にて地鎮祭。 
あいにくの雨で、建築地での地鎮祭ができなかったのですが、神社にて地鎮祭を執り行わせていただきました!
 
神社で地鎮祭を行えることはかなり珍しいケースです。土を神社まで運び、お祓いしてもらいました。
柏市の廣幡八幡宮は、森の中にあるような静かな神社。神社の中で、静かな気持ちで行う地鎮祭は、神聖で、特別な雰囲気です。
 
工事が安全に終わりますように。 
また、I様ご家族はじめ、関わる皆さんが幸せになりますように!
 
I様、おめでとうございます。
これからの工事でもよろしくお願いします。  

テーマ:小野寺ブログ

Patagonia

こんにちは、スタッフの小野寺です。

 

アウトドアブランドの「パタゴニア」の取り組みが話題になっています。

 

21日の参議院議員選挙投票日に、全直営店を休業するそうです。

 

それは、「家族や友人、大切な人たちと語り合い、投票に行く従業員のため」。

 

おそらく、売り上げが上がるであろう日曜日に、です。

 

パタゴニアのウェブサイトには、こう書かれていました。

 

「僕らがそのような行動を、いま、取らなければ、そして人類のために意義のある問題に懸命な一票を投じなければ、子供たちの将来とその他の野生について気にかけない誰かの思うつぼなのだ。」

 

目先の売り上げよりも、子供たちの将来に目を向け、いまやるべきことをやる。これが、本物の「かっこいい大人」なのではないでしょうか。

  

テーマ:田中ブログ

手刻み
  
こんにちは、天然住宅の田中竜二です。 
 
 先日、岡山に打ち合わせに行って来ました。 
 
その前に、現地工務店にて、まもなく上棟予定のお宅の、手刻み中の木材を見学しに行きました。 
 
6寸角の吉野杉の柱は圧巻です。 色も綺麗。四面無節! 
 
それよりもっと太い松の曲がりの梁は、昨年松の市で競り落としたもの。 
 
刻み方は地域によっても、大工によっても、特徴が違いますね。
 
 丁寧に刻みをしてくれていて、上棟が楽しみです。 
 
手刻み
手刻み
手刻み
手刻み
手刻み
岡山で建築中

テーマ:濱中ブログ

IMG_52751


IMG_5373
IMG_5379
IMG_54186


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a2
こんにちは 濱中です。

栗駒で植林と皮むき間伐のイベントを行いました。

山の斜面で行う植林は、運動不足の私にとって相当な重労働でした。暑さと足元の凸凹に転びそうになったり、屈むとお腹が邪魔で苦しかったです。去年の今頃はそれなりに締まってたんですが、今年は酷いものです。
でも、10本も植えると達成感ですごく気持ちが良かったです。土に入れる鍬は地鎮祭で行う鍬入れの儀と重なって身の引き締まる思いがしました。因みに、私は現場監督をやっています。

自分で植えた苗木が建材として活躍するのは何十年も先です。そう思うと不思議な気持ちになりました。

皮むき間伐は、杉の樹皮を剥ぐ事で立ち枯れを起こす方法です。スルスルと簡単に剥がれていき、クセになるような楽しい作業で、何メートルも上まで上手に剥がせる人もいました。私は全く上手くできませんでした。私の子供は昼寝していました。次回は2人で上手く剥がしたいと思います。

日頃山を守り育てている森林のスタッフさん達には頭が下がります。建材として加工され私達の家造りで出会う杉達は多くの思いと共に新たな役割を果たしてくれます。

元気に育った栗駒の杉をたくさん使って家造りができることが少しでも山へ協力出来ているかと思うと誇らしく感じます。

杉の山で感じた自然の中で感じる森の匂いや爽やかな空気は私達の宝物です。


森林のスタッフの方々には、イベントのお手伝いをしてもらい、とても助かりました。ありがとうございます。
IMG_54243