HOMEブログ > 田中ブログ

田中ブログ

テーマ:田中ブログ

建築の際に、ご自身で伐採された木をご自宅につかった建て主様は、
くりこまを故郷のように感じてくださっているように思えます。

伐採した木を端から端まで使ってくださる方もいらっしゃいます。

端の丸太をベンチにしたり、踏み台にしたり、
枝をペーパーホルダーにしたり。
私たちのほうが「その手があったか!」と驚かされることもしばしば。

木材を大切にしてくださることはうれしいことですし、
くりこまとつながっていただくことは、私たちだけではなく、
現地の方々にとってもうれしいことです。

訪問した際に建て主さまが、
何気なく出していただいたお皿。
工房とみはりのお皿
「素敵ですね~」なんて話していたら、
くりこまの「工房とみはり」のお皿なのだそう。
※工房とみはりはいつもツアーの時にスプーンづくりをしてくれている木地師の富張菜々子さんの工房です。

しかも、私がくりこまで、
ワークショップのときに、つくったスプーンを並べて写真をとったときに、
のせていたお皿でした。
(真ん中の「田中」と書いてあるのが私の作品)
スプーンづくりワークショップ
鳴子に温泉旅行に行って、
そのついでに、くりこまの山を散策して(木こりにも会って)、
さらに、工房とみはりによってきたのだそう。

「なんだか里帰りみたいな感じでした」と建て主さまがおっしゃってくれて、
その感じがとてもいいなと思いました。

結婚して、パートナーの故郷に里帰りするように、
家を建てて、家の故郷に里帰りする。

家族が増えるみたいに感じてもらっているようで、
心が温かくなりました。

テーマ:田中ブログ

天然住宅×ハニカンタ

天然住宅×ハニカンタ
元A SEED JAPAN代表で、現在iPledge代表の羽仁カンタさんのご自宅の改修をさせていたくことになりました。

そこでパートナーのまさこさんがその改修の過程をブログに残してくださるということになりました!
ぜひ、多くの方にご覧いただきたいと考えています。

ブログのタイトルは「天然住宅×ハニカンタ」

基本的には、まさこさんの目線で。
改修の打合せ、工事、その後も暮らしのことなどなど・・
書いてくれると思います。

時々、羽仁カンタさんご本人も登場してくれるかもしれません。


第一回「我が家の大改修工事、はじまります!」
https://iniche.hatenablog.com/entry/01

羽仁カンタさん

施主様の羽仁カンタさんといえば、音楽フェスなどで、ごみゼロナビゲーションをプロデュースして、
日本のフェスを、現在の「ごみのないクリーンな」フェスにした仕掛け人の御一人です。
最近では、中国の音楽フェスなどでもお呼びがかかり、クリーンなフェスを成功させたそうですが、
その話は、ブログにきっと書いてくれるかと思います。(書いてほしいとお願いしました!)

ブログタイトルは、まさこさんが考えてくださったもの。
「ハニカンタ」とカタカナで書くと、なんだかハニカンタという名のイデオロギー(あるいは聖典!)という感じがしていいですね。
優しくて、活動的な、若者に希望を与えるイデオロギー。
羽仁さんが今まで積み上げてきたもの、思想、これからの目指すもの、そしてもちろんご家族も含めての「ハニカンタ」なのでしょう!

羽仁カンタさんのお考えと、天然住宅の考えにはもちろん重なる部分が多く、
共感することがたくさんあります。

住まいや暮らしという観点から始まって、様々なところでリンクしていったらいいなと思います。

テーマ:田中ブログ

建て主さまにお送りするお中元で、
喜ばれるもののひとつに「甘酒」があります。

今年も、八穀甘酒を送らせていただきました。

建て主様のお宅にお邪魔したところ、
「甘酒とブルーベリーのシャーベットをつくったので・・」と、
出してくださいました。
甘酒とブルーベリーのシャーベット
おいしかったです。
甘酒のおかげで味がまろやかになります。

甘酒とブルーベリーの組み合わせは素敵でした。
見た目もかわいくて食べるのがもったいないくらいでした。

ごちそうさまでした<(_ _)>

テーマ:田中ブログ

都会ですと、なかなかお庭スペースをとるのも難しいですが、
少しでも植物があると、暮らしに彩りがましますね。

建て主様の中には、リースをご自宅のお庭の植物を使って作られる方もいらっしゃいます。

A様のお宅では、
ラベンダーのスワッグを玄関先に飾られていました。
ラベンダーのスワッグ
扉を閉めるとき、ラベンダーの香りがして、癒されます。

これもお庭で摘んだラベンダーなのだそうです。

ハーブ系の植物は生命力が強く、
この季節は、使いきれないほど、たくさん繁茂するそうです。
虫よけにもなります。

室内に植物があると癒されますね。
無垢杉と自然素材の空間とはとても馴染んでいて、
こころなしか、ラベンダーも居心地がよさそうです。

スワッグは「壁飾り」という意味です。

テーマ:田中ブログ

2年点検で、建て主様のお宅にお邪魔しました。

2年経つと暮らしも落ち着いてきて、
家が建て主様に馴染んで来ているような感覚があります。

建て主様としても、
暮らしてみなければわからないこともあると思いますし、
暮らしてみて、これがあるといい!という発見もあるかと思います。

収納兼ベンチは、建て主様が、
他のお宅の見学会にお越しになられたときに見て、
気に入っていただき、採用されました。
収納兼ベンチ
収納兼ベンチ(モデル:井上)

ベンチとしても座れる収納棚(箱)です。
棚板は可動棚になっています。

高さもダイニングチェアと合わせれば、
より使いやすくなります。

今回、お邪魔した際には、
木製のボックスが入って、より良い雰囲気になっていました。
収納兼ベンチの木製ボックス
建て主様が自ら採寸し、棚にピッタリ収まる杉の箱を新たにつくりました。

無印良品の製品なども検討したそうですが、
価格的に大きな差がなかったので、
杉でつくることにしてくれました。

棚と同じ、杉の素材なので、相性はばっちりですね。
一つ一つのボックスの表情が違うのも素敵です。

生活しながら、少しずつ住みやすくしていくのも楽しいと思います。