天然住宅 読みもの

読みものメニューをみる

お客様の声 |vol.1

東京都調布市 Nさま

天然住宅を知ったきっかけは何ですか?


2011年3月、東日本大震災直後に参加した田中優さんの講演会で知りました。 原発や放射能の話がメインだったのですが、天然住宅の紹介も少しだけあり、興味を持ちました。「森を守れる家づくり」というところに惹かれました。

天然住宅で家を建てた決め手は何ですか?


気になることは何でも質問しましたが、その度に納得できる答えが返ってきました。それが安心感につながり、お願いする決め手にもなりました。 
家づくりを検討するにあたり、ハウスメーカーのモデルハウスにも何度か足を運びましたが、室内に入ると接着剤などの臭いがきつく感じられました。いわゆる「新築のにおい」と呼ばれるものですが、天然住宅を知らなかったら、この臭いが新築のにおいでないことも、実は体にとって有害なものだとも気付かなかったと思います。

実際の住み心地はどうですか?暮らしの変化はありましたか?


浴室は窓を開けなくてもカラっとしています。冬場も結露がなく、自然素材の吸放出能力の高さには驚きました。 
暮らしにも変化がありました。以前は物をためてしまうところがあったのですが、「シンプルに暮らしたい」という気持ちが強くなり、物を購入する前に立ち止まって考える癖がつきました。家を建ててからは、もの選びの基準が「家に合うかどうか」に変わりました。 
それと「天然住宅に住むと子どもができる」という噂は聞いていましたが、本当にそうなったのには驚きました!うちの子は、「あんな家に住みたいなぁ」と空から見ていて、生まれてきてくれたんじゃないかと勝手に思っています(笑)

家づくりを考えられている方へのメッセージ


情報って大切だなぁとつくづく感じています。家を建てる前に天然住宅のことを知れて本当によかったです。建物を体感したら良さが実感できると思いますので、是非、見学会に参加してみてください。 
私たちは自宅の大黒柱を栗駒に行って自分たちで伐採したのですが、このような体験をさせてもらえたのもよかったです。家への愛着をより深めてくれますし、生産者の方の想いに触れたり、顔の見える関係になれました。伐採体験はおすすめですよ。
住みはじめてから思ったこともあります。天然住宅は家を建てっぱなしにせず、建てた後もメンテナンスや暮らしの変化に合わせた住まいのあり方について相談に乗ってくれるところが、おそらく他の住宅メーカーと大きく違うんじゃないかということです。お住まい見学会や伐採ツアーなどを通じて、ずっと暮らしに寄り添ってくれる、私たち家族にとって優しくて心強い存在です。


 

▼N様邸の施工例写真はこちら
「安全素材の防音ルームがある家」

資料請求

問い合わせ

暮らしのこと、家のこと、
土地のこと。何でもご相談ください。

メールの問い合わせ

電話でのお問い合わせ

tel:042-439-6262

10:00〜18:00 / 日・祝のぞく