天然住宅 読みもの

読みものメニューをみる

【おうち訪問】ミニマルライフを楽しむ、恵さんのお家と暮らし

こんにちは、スタッフの井上です。

先日、暮らしはじめて丸1年を迎えた横浜市港北区に暮らす、恵さんの家を訪ねました。

暖房器具なしでこの暖かさ!?と驚くほど、お家の中はポカポカ。
聞くと直前までカーテンを開け、日差しを取りこんでいたそうです。

掃除が大好きだという恵さんの日課は、雑巾掛けです。
自分自身の心地よさにつながっているから、苦ではないそう。
掃除がしやすいよう物は少なめ(というか、ほとんどありません)!
白で統一されたキッチンの清々しいこと。

キッチン横の扉を開けると、洗面脱衣室があります。
洗濯機、洗面台、こちらも白で統一されていました。

洗濯機の隣に実験用シンクが並んでいます。
汚れ物の予洗い→洗濯機に放り込む、「家事動線が便利そう」と来客にも好評とのこと。

驚いたのが、お風呂も新築時のようにピカピカだったこと。まるでショールームのようでした。

ちなみにホーローの壁は、お手入れが簡単です。入浴後はシャワーとスポンジで洗い流すだけでOK(洗剤いらずは嬉しいですね)。

洗濯機の下も掃除がしやすい工夫がありました。
かさ上げして、雑巾掛けできる隙間を確保。

ご高齢のお母様のために、夜は小さな照明をつけています。
コンセントに差しっぱなしでも存在感控えめ。物の少ないこのお家にぴったりです。

2階もほとんど物がありませんでした(驚)

ウォークインクローゼットの中もスッキリ。
この余白、憧れます。
 
延床面積は24坪ですが、恵さんの暮らしに、この面積は必要ないのでは?と思っちゃいますね。

でも、広い空間に横になり、天井を見上げる、そんな時間が幸せなのだそうです^^

写真はないのですが、お庭がまた綺麗なのです。

どう綺麗なのかというと、見ていると心が整うようなお庭で。

ご自身のわくわくや心地よさ、心の声に耳を澄ませたら、シンボルツリーや花やハーブを植えるのではなく、殺風景かもしれないけれど、土と石だけというシンプルな構成に。
夏は黙々と、雑草を抜いていたそう。それもまた、瞑想をするようで楽しかったとのこと。
 
広いお庭があるとつい、木を植えたり畑を作ったりと考えてしまいますが、もちろんそれも素敵ですけど、「そうか、あえて何もしない選択肢もあるんだ」と気づかされました。

いろいろなお家の姿があるように、お庭だっていろいろなのですよね。
暮らす方にとっての「心地よいあり方」を見つけられたらいいですね。

 
恵さんとお会いするといつも元気をいただきます。
会話の端々から、お家を愛していることが伝わってきて(丸太の柱には愛称をつけて、毎日撫でて声をかけているそう)「大切にされる」っていいなぁと思うんです。
愛されると家も輝くのだなぁと。
 
実は恵さんの影響を受けて、我が家の無垢杉の床を数年ぶり(!)に雑巾掛けしました(いつもは汚れた箇所を拭くのみでした)。
 
お湯にセスキ炭酸ソーダを混ぜて、びわこふきんを浸し、拭いていきます。
ぎょっとするほど、ふきんは汚れましたが、なんともいえない爽快感がありました。
来年は恵さんを見習い、もっと家に手をかけたいです。
 
恵さん、素敵な家と暮らしを見せてくださり、ありがとうございました。
2年目の天然住宅ライフも楽しんでくださいね〜!
 

こちらの記事もおすすめ


完成!恵さん家の北欧風ミニマルハウス

セスキ炭酸ソーダ×びわこふきんで見違える!無垢床のお掃除方法

資料請求

問い合わせ

暮らしのこと、家のこと、
土地のこと。何でもご相談ください。

メールの問い合わせ

電話でのお問い合わせ

tel:042-439-6262

10:00〜18:00 / 日・祝のぞく