天然住宅 読みもの

読みものメニューをみる

日々の現場から

こんにちは、現場監督の濱中です。
 
上の写真は、現在新築工事中の屋根下地の写真です。
 
卵パックのように見えるものは、屋根の中で暖められ、湿った空気を外に逃がす通気層として取り付けられています。(ルーフスペーサーという建材です)
内部を常に乾燥した状態に保ち、木材の耐久性を高めます。
 
また、外気が屋根の中に入るのを防ぐ、気密層としての役割も果たしています。
それによって、断熱材の性能を維持します。
 
これまで通気層を確保するのには別の方法をとっていましたが、断熱性と気密性を高める納まりを検討した結果、この建材に出会いました。
 
完成すれば見えなくなる些細な部分ですが、重要な施工のひとつをご紹介しました。
 

資料請求

問い合わせ

暮らしのこと、家のこと、
土地のこと。何でもご相談ください。

メールの問い合わせ

電話でのお問い合わせ

tel:042-439-6262

10:00〜18:00 / 日・祝のぞく