天然住宅 読みもの

読みものメニューをみる

貝塚さん家のマンションリノベ#3|工務店選び編

こんにちは。
この度天然住宅さんに新居のリフォームをお願いすることになりました貝塚と申します。夫、娘(1歳)、私の3人家族です。
 
このコラムでは、私たちの住まい探しからリフォーム完成までの経験を書かせていただいております。
家づくりをご検討されている方に、天然住宅という会社や家づくりのイメージを少しでもお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!
 
前回は天然住宅さんで実際にマンションリフォームをされたお宅の見学と、物件が決まった話を書かせていただきました。
今回は天然住宅さんにリフォームをお願いしようと決めた理由をお届けしたいと思います。
 

「天然住宅=戸建て専門」じゃなかった!


私たちは中古マンションのリフォームを前提に家づくりを考えていたため、物件探しと同時にリフォーム会社も探していました。
 
実は以前から天然住宅さんの存在は知っていました。
私たちは夫婦ともに移住願望があり「いつか緑に囲まれた戸建ての平屋に住んで畑とかやりたいねー」と度々話していたのです。おそらく「天然素材 住まい」といったワードで検索して何度かホームページを目にしていたのだと思います。

その時に見た建物の写真の印象が強かったのか「戸建て専門でマンションリフォームは扱っていない」と思い込んでいました。しかし、このタイミングでちょうど知り合いの方から天然住宅さん施工のお家に住まわれていることを伺い、もう一度しっかりホームページを見てみたところマンションリフォームもされていることがわかり、すぐに資料請求させていただきました。
 

はじめてのオフィス訪問


「何はともあれ天然素材の空間を体感してみたい!」と、資料請求から程なくオフィスを訪問させていただきました。天然住宅さんはビルの一室をオフィスとされているのですが、木の良い香りが空間に満ちていてそこだけ別世界のようでした。靴を脱ぐオフィスだったのも印象的でした。
 
その日は1歳なりたてのハイハイ&つかまり立ち真っ盛りの娘も一緒だったのですが、床の上で自由にさせてもらってみんながストレスなく過ごすことができました。
 

私たちを迎えてくださったのは営業の中村さんと設計の小野寺さんでした。お二人ともとても穏やかで自然体で押しが強くないところ(笑)に夫婦で好感を持ちました。娘も打ち合わせ中は一度もグズることがなく、とてもリラックスしている様子でした。
 
この日は天然素材について実際の床や壁を見ながら詳しく教えていただきました。例えば一般的な合板のフローリングに比べ、無垢材のフローリングは椅子があるところなどはキズができやすいこと、水分も放っておくとシミになりやすいことなどを教えていただきました。「私たちは『経年劣化』ではなく『経年変化』と呼んでいるのですが。」と中村さんがおっしゃっていたことが印象的でした。
 

他のリフォーム会社との比較


実は天然住宅さんと同時期に別のリフォーム会社さんの訪問もしておりました。その会社はデザインに特化しており、リフォームで多彩な空間づくりができる魅力がありました。
けれど、洗面所の鏡から電気のスイッチに至るまで何種類ものデザインが並んでいるショールームを見て「こういうことにこだわりたい訳ではないんだよなぁ…」とぼんやり考えていました。
 
見た目は費用をかけたらいかようにでも作り込めてしまいます。それよりも、もっと本質的に「人が住み続けていく環境」について考えられている会社、住まいが良い。そう思ったら「化学物質を極力使用しない家づくり」「国産木材を使用し、森を守る環境づくり」を掲げている天然住宅さんしか考えられませんでした。
 
マンションのリフォーム事例としてY様邸を見学させていただいたことも大きな後押しになりました。中村さんと小野寺さんが建主さんご夫妻とお話しされている様子からリフォーム後も良好な関係を作られていることがわかり、安心して任せられる会社だと感じました。
 

                 ***

 
次回はリフォーム内容の決定に至るまでの経緯を書かせていただきます。
 
貝塚さん家のマンションリノベその他の記事
>>物件探し編
>>お住まい見学編
 

見学会開催!!(終了しました)



3月20日(土)に、貝塚さん家のマンションリノベ完成見学会を開催します!
見学会情報は >>こちら
 

\ こちらもおすすめ/
◎リノベーションの実例写真あつめました
子育て世代のマンションリノベ >>こちら
狭小地の長屋リノベーション >>こちら
アトリエのある家 >>こちら
無双窓のある家 >>こちら
自然素材の断熱改修 >>こちら

リノベーション工事のプロセスが知りたい方は >>こちら

資料請求

問い合わせ

暮らしのこと、家のこと、
土地のこと。何でもご相談ください。

メールの問い合わせ

電話でのお問い合わせ

tel:042-439-6262

10:00〜18:00 / 日・祝のぞく